『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』オリジナルマフラータオル(非売品)を2名様にプレゼント

  • 名古屋
© 2024 「ハイキュー‼」製作委員会 © 古舘春一/集英社

劇場でしか観られない『ハイキュー‼』がここにあるー

集英社「週刊少年ジャンプ」に2012年2月から連載が開始され、バレーボールに懸ける高校生たちの熱い青春ドラマが人気を博したスポーツ漫画の金字塔、古舘春一による『ハイキュー‼』。

2020年7月にて8年半にわたる連載が完結し、コミックス全45巻の累計発行部数は6000万部を突破。2014年からは、毎日放送・TBS系列にてテレビアニメが放送され、2020年12月までに、シリーズ第4期まで制作された。

そして、2024年2月16日。『ハイキュー‼』が映画になって帰ってくる!劇場版で描かれるのは、原作の中で最も人気のあるストーリーの一つ、烏野高校VS音駒高校。通称“ゴミ捨て場の決戦”。

今、「もう一回」が無い試合がはじまる―――

【STORY】

小学生の時に、春高バレーのテレビ中継で見た“小さな巨人”に憧れ、烏野高校バレー部に入部した日向翔陽。だがそこには中学最初で最後の公式戦で惨敗した相手・影山飛雄の姿が!?反目しあうも、日向の抜群の運動能力と影山の正確なトスは、奇跡のようなクイック攻撃、通称“変人速攻”を生み、烏野復活の力となる。
東京の音駒高校との合同合宿で、日向は因縁のライバルとなる孤爪研磨と出会う。超攻撃的なプレースタイルの烏野高校に対し、“繋ぐ”をモットーにした超守備的なプレースタイルの音駒高校。そんな音駒高校との練習試合を経て、新たな可能性を見つけ出した烏野高校のメンバーたち。
強敵を次々と倒す中で進化を遂げた烏野高校は、春高2回戦で優勝候補・稲荷崎を下す。そして、遂に3回戦で、因縁のライバル校・音駒高校と対戦することとなる。幾度となく練習試合を重ねても、公式の舞台で兵刃を交えることが一度もなかった両雄、烏野高校対音駒高校の通称“ゴミ捨て場の決戦”。
約束の地で、「もう一回」が無い戦いがいよいよ始まる― 。

『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』
原作「ハイキュー‼」古舘春一(集英社 ジャンプ コミックス刊)
監督・脚本満仲勧
キャスト村瀬 歩 石川界人 日野 聡 入野自由 林 勇
細谷佳正 岡本信彦 内山昂輝 斉藤壮馬 増田俊樹
名塚佳織 諸星すみれ 神谷浩史 江川央生
梶 裕貴 中村悠一 立花慎之介 石井マーク ほか
主題歌SPYAIR「オレンジ」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

2月16日(金)よりミッドランドスクエアシネマ他全国東宝系にてロードショー

 

『劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦』オリジナルマフラータオル(非売品)を2名様にプレゼント

応募はこちら chevron_right2月25日(日)〆切