映画『沈黙の艦隊』ステンレスボトル(非売品)を1名様にプレゼント

  • 名古屋

©かわぐちかいじ/講談社
©2023 Amazon Content Services LLC OR ITS AFFILIATES. All Rights Reserved.

日本から世界へ、今こそ問いかけなければならないこと―。

タブーに鋭く切り込んだテーマ性。世界規模の予測不能なストーリー展開。かつて各方面で論争を呼び社会現象となった大ヒットコミック「沈黙の艦隊」(かわぐちかいじ作)が、満を持して実写化される。核抑止力を手にした男の乾坤一擲が、連載から30年の時を超え、私たちを大きな荒波に呑みこもうとしている。まるで、現代の国際情勢を予測していたかのようなメッセージを孕んで。

主演の大沢たかおは、プロデューサーも務め、ひとかたならぬ熱意で本作に臨む。今回、防衛省・海上自衛隊の協力により、邦画では初めて実物の潜水艦を撮影に使用した。臨場感あふれる海中バトルに、重厚な政治サスペンスが絡み合う、至高の劇場体験を実現した。

世界最新鋭の原子力潜水艦という圧倒的な力を手にした男の行動は、果たして、大義か、反逆か。揺らぐ「核の国際秩序」に警鐘をならすがごとく、禁断のテーマに挑む。

【STORY】

日本の近海で、海上自衛隊の潜水艦が米原潜に衝突し沈没した。艦長の海江田四郎を含む全76名が死亡との報道に衝撃が走る。
だが実は、乗員は無事生存していた。事故は、日米政府が極秘に建造した高性能原潜「シーバット」に彼らを乗務させるための偽装工作だったのだ。米艦隊所属となったシーバット、その艦長に任命されたのが海自一の操艦を誇る海江田であった。
ところが、海江田はシーバットに核ミサイルを積載し、突如反乱逃亡。海江田を国家元首とする独立戦闘国家「やまと」を全世界へ宣言したー。やまとを核テロリストと認定し、太平洋艦隊を集結させて撃沈を図るアメリカ。アメリカより先にやまとを捕獲すべく追いかける、海自ディーゼル艦「たつなみ」。その艦長である深町は、過去の海難事故により海江田に並々ならぬ想いを抱いていた…。
大義か、反逆か。日米政府、海上自衛隊、米海軍までをも運命の荒波に呑みこむ、海江田四郎の目的とはー?

映画『沈黙の艦隊』
原作かわぐちかいじ「沈黙の艦隊」(講談社「モーニング」)
監督吉野耕平
出演大沢たかお 玉木宏 上戸彩 江口洋介ほか
主題歌Ado「DIGNITY」(ユニバーサル ミュージック)/楽曲提供:B’z

9月29日(金)よりミッドランドスクエアシネマ他全国東宝系にてロードショー

映画『沈黙の艦隊』ステンレスボトル(非売品)を1名様にプレゼント

応募はこちら chevron_right10月9日(月・祝)〆切