映画『最後まで行く』本日5/19(金)公開!最後まで行くタオル(非売品)を2名様にプレゼント

  • 名古屋

© 2023 映画「最後まで行く」製作委員会

愛知・岐阜・三重など東海地区でオールロケ!
“最後まで”予測不可能のノンストップエンターテインメント

ひとつの事故を発端に、極限まで追い詰められていく刑事の姿を描き、韓国で大ヒットを記録、世界中でリメイクされたクライムサスペンスが、岡田准一を主演に迎え、ついに日本でリメイク。

悪い時には悪いことは重なり、陰謀に巻き込まれていく刑事(岡田准一)とそれを追う謎のエリート監察官(綾野剛)が織りなす、危機、裏切り、罠、そして最後に待ち構える衝撃のラスト…。

年の瀬の96時間=4日間の物語が、圧倒的な緊張感とスピード感、そして思わずクスっと笑ってしまうコミカルさをスパイスに展開する、絶対絶命、極限のノンストップ・サスペンス・アクションをぜひ劇場で。

【STORY】

年の瀬も押し迫る12月29日の夜。
刑事・工藤(岡田准一)は危篤の母のもとに向かうため、雨の中で車を飛ばす。
工藤のスマホには課長から着信が。「ウチの署で裏金が作られているっていう告発が週刊誌に入ったが、もしかしてお前関わってるんじゃないか?」という課長の詮索に「ヤバい」と血の気が引く工藤は、何とかその場をやり過ごしたものの、心の中は焦りで一杯になっていた。そんな中、 妻から着信が入り、母が亡くなった事を知らされた工藤は言葉を失うが、その時、彼の乗る車は目の前に現れた一人の男を撥ね飛ばしてしまう。すでに彼が絶命していることが判ると、狼狽しながらもその遺体を車のトランクに入れ立ち去った。
途中、検問に引っかかるも何とかその場をごまかし署に辿り着いた工藤は、署長に裏金との関与を必死に否定し、その場を後にする。そして母の葬儀場に辿り着いた工藤は、こともあろうに車で 撥ねた男の遺体を母の棺桶に入れ、母とともに斎場で焼こうと試みる。
その時、工藤のスマホに一通のメッセージが入る。「お前は人を殺した。知っているぞ」というその内容に、腰を抜かすほど驚く工藤。その後メッセージは「死体をどこへやった?言え」と続く。
まさかあの晩、誰かに見られていたのか…?
そのメッセージの送り主は、県警本部の監察官・矢崎(綾野剛)。彼もまた、ある男が行方不明となり、死んでいたことが判明し動揺していた。そしてその男こそが、工藤が車で撥ねた人物だったのだ。さらにその裏には、矢崎が決して周囲に知られてはいけない秘密が隠されていた。
追われる工藤と、追う矢崎。果たして、前代未聞の96時間の逃走劇の結末は?
そして、男の遺体に秘められた、衝撃の事実とは!?

映画『最後まで行く』
監督 藤井道人
出演 岡田准一 綾野剛
広末涼子 磯村勇斗
駿河太郎 山中崇 黒羽麻璃央 駒木根隆介 山田真歩 清水くるみ
杉本哲太/柄本明

5月19日(金)よりミッドランドスクエアシネマ他全国東宝系にてロードショー

最後まで行くタオル(非売品)を2名様にプレゼント

応募はこちら chevron_right6月11日(日)〆切