映画『461個のおべんとう』オリジナルマルシェバックを2名様にプレゼント!

  • 名古屋

© 2020「461個のおべんとう」製作委員会

 

笑って泣ける親と子の絆と無骨だが愛情がたっぷり詰まったお弁当映画、誕生!!

今年結成30周年を迎える「TOKYO No.1 SOUL SET」の渡辺俊美が、高校生の息子のために毎日お弁当を作り続けた、親子の実話が遂に映画化。

原作は、お弁当のクオリティの高さもさることながら、お弁当をきっかけに生まれた、親と子の交流が笑いあり涙ありのエピソードで温かく描かれたエッセイ。「料理本で泣いたのは初めて」「家族の意味を考えさせてくれる特別なお弁当エッセイ」など大きな反響を呼んだ。

ミュージシャンでありながら毎日息子のためにお弁当を作る主人公・鈴本一樹役に、老若男女問わず幅広い支持を集め、俳優・MCなど豊かな才能を発揮する井ノ原快彦を配し、一樹の息子・虹輝役には関西ジャニーズJr.で人気急上昇中のユニット「なにわ男子」の道枝駿佑を抜擢。

監督は、『キセキ-あの日のソビト-』『泣くな赤鬼』など心温まる作品を撮り続ける兼重淳。さらに、原作者である渡辺俊美が自ら音楽を手掛ける。

今年の秋、3年間お弁当を休まず作り続ける約束をした親子の成長、絆を描いた感動作がここに誕生する。

 

【STORY】

長年連れ添っていた妻と別れることを決意した鈴本一樹(井ノ原快彦)。父を選んでくれた息子・虹輝(道枝駿佑)が15歳と多感な時期を迎えていた時期の離婚なだけに、一樹は虹輝に対する罪悪感に苛まれていた。そんな時、重なるようにして虹輝が高校受験に失敗したという悪い知らせが届く。これまで自由に生きてきた一樹は、虹輝に対し“学校だけがすべてではない。自由に好きなように育ってくれたらそれでいい”と思っていた。しかし、虹輝の出した答えは「高校へ行きたい」だった。
そして翌年の春、見事に高校に合格。ここで一樹はある質問をした。「学校の昼食なんだけど虹輝はどっちがいいの?お金渡して自分で買うのと、父さんが作るお弁当」「父さんのお弁当がいい」この瞬間「3年間、毎日お弁当を作る!」「3年間、休まず学校へ行く」という“大切な約束”が生まれたのだった。 慌ただしい毎日の中、お弁当を通して交錯する父と息子の想い。 ライブの翌日も、二日酔いの朝も、早出の朝も...、一樹の怒涛のお弁当作りが始まる——。

 

461個のおべんとう
出演井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、
森 七菜、若林時英、阿部純子、野間口徹、映美くらら、
KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子
監督兼重 淳(『キセキ -あの日のソビト-』)
脚本清水 匡 兼重 淳
原作渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」(マガジンハウス刊)
企画・製作プロダクションジョーカーフィルムズ
製作幹事ハピネット
配給東映

11月6日(金)よりミッドランドスクエアシネマ他 全国ロードショー

 

映画の公開を記念して、オリジナルマルシェバックを2名様にプレゼント!

応募はこちら chevron_right
11/20(金)〆切