「アニメージュとジブリ展」(名古屋展)連動企画・書店キャンペーン開催!

  • 名古屋

©Studio Ghibli ©Kanyada

一冊の雑誌からジブリは始まった

スタジオジブリの原点を振り返る「アニメージュとジブリ展」の巡回展が4月22日(土)より、名古屋・松坂屋美術館で開幕する。
本展は日本初の本格的商業アニメ雑誌「アニメージュ」(徳間書店)の1978年創刊当時から80年代に焦点を当てた展覧会。今から40年以上前、アニメが大きく飛躍した時期があった。「宇宙戦艦ヤマト」「機動戦⼠ガンダム」など若いアニメファンを熱狂させた作品が次々と生み出され、その作り⼿たちの⽣の⾔葉を伝えた雑誌が「アニメージュ」だ。

雑誌「アニメージュ」

展示作品

本展では、鈴木敏夫が後のジブリにつながる⾼畑勲と宮﨑駿という⼆⼈の才能と出会い、「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」の映画製作に傾倒するまでの道のりを紹介するとともに、「アニメージュ」が多くのアニメ作品の誕⽣と発展に果たした役割を、豊富な誌⾯展⽰と貴重な制作資料とで振り返る。鈴木が力を入れた押井守監督作品「天使のたまご」の貴重な資料展示や、今回初公開となる「風の谷のナウシカ」のセル画にも注目したい。


「アニメージュとジブリ展」連動企画
ジブリ関連商品コーナー&展覧会オリジナルしおりプレゼント 書店キャンペーン

本展の開催と連動して、東海エリアの書店ではジブリ関連商品コーナーが設置される。また、各店舗のジブリ関連商品購入者には、先着で展覧会オリジナルしおりがプレゼントされるキャンペーンも実施。この機会に、存分にジブリの世界を楽しんで。

〈対象書店〉
ヴィレッジヴァンガード(愛知・岐阜・三重 全43店舗)
キャンペーン開始日:4/14(金)〜 ※しおりはなくなり次第配布終了

■名古屋市内10書店
キャンペーン開始日:4/22(土)〜 ※しおりはなくなり次第配布終了

ジュンク堂書店 名古屋栄店
ジュンク堂書店 名古屋店
丸善 名古屋本店
丸善 アスナル金山店
丸善 イオンタウン千種店
丸善 ヒルズウォーク徳重店
くまざわ書店 名古屋セントラルパーク店
TSUTAYA BOOKSTORE 則武新町
未来屋書店 ナゴヤドーム前
未来屋書店 八事
※順不同
※対象となるジブリ関連商品は店舗によって異なります。

〈しおりデザイン〉



「アニメージュとジブリ展
会期2023年4月22日(土)~6月11日(日)
会場松坂屋美術館(松坂屋名古屋店 南館7階)
開館時間10〜18時(最終入場は17時30分まで)
※最終日は17時閉場(最終入場は16時30分まで)
入場料一般・大学生1,500円(1,400円)
中高生1,000円(900円)
小学生600円(500円)
※( )内は前売り料金。
主催中京テレビ放送、松坂屋美術館、中日新聞社
企画協力スタジオジブリ・三鷹の森ジブリ美術館
協力徳間書店、マクセル、特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構、ヴィレッジヴァンガードコーポレーション
企画制作ニュートラルコーポレーション
協賛NTTコノキュー
後援名古屋市、名古屋市教育委員会