エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 東京版

2019/03/20

【プレゼント】BA-TSU ART GALLERY(原宿)「BONE MUSIC展 ~僕らはレコードを聴きたかった~」の招待券を5組10名様にプレゼント!

 

 

メインビジュアルS 

ボーン・レコード Ⓒ Photography: Xray Audio Project / Paul Heartfield

 

 

 

 

その禁じられた音楽は、
レントゲン写真の中に収まっていた

 

 

BONE MUSICとは、冷戦時代のソビエトで本当にあった出来事。国家から聴く事を強く禁止された音楽を愛してやまない人々は、何とレントゲン写真に録音してレコードを作る事を発明した。それがボーン・ミュージックの始まりだった。こうして国家に抵抗するソ連の音楽文化のアングラ 「ボーン・ミュージック」は誕生した。

 

 

図1

 

ボーン・レコード Ⓒ Photography: Xray Audio Project / Paul Heartfield

 

 

本展は、“ただ好きな音楽を聴くため残した物語”を実物のボーン・レコードと合わせて紹介する、日本・アジア初上陸の企画展。手軽に音楽が楽しめる現代で、リスクを犯してでも好きな音楽を聴きたかったアンダーグラウンド・サブカルチャーシーンの音楽ファン達が生み出したボーン・レコードは何を語りかけてくれるのか。

 

図2

 

海外での展示風景

Ivan Erofeev Ⓒ Garage Museum of Contemporary Art

 

 

【展覧会情報】

BONE MUSIC展 ~僕らはレコードを聴きたかった~

会期:4月27日(土)〜5月12日(日)

開館時間:11:00〜20:00 (入館は30分前まで)会期中無休
会場:BA-TSU ART GALLERY(原宿)150-0001東京都渋谷区神宮前5-11-5

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「BONE MUSIC展~僕らはレコードを聴きたかった~」の招待券を5組10名様にプレゼント!

応募はこちらから

 

4月17日(水)〆切

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボーン・レコード Ⓒ Photography: Xray Audio Project / Paul Heartfield

 

 

 

本展は、“ただ好きな音楽を聴くため残した物語”を実物のボーン・レコードと合わせて紹介する、日本で初めての試み。手軽に音楽が楽しめる現代で、リスクを犯してでも好きな音楽を聴きたかったアンダーグラウンド・サブカルチャーシーンの音楽ファン達が生み出したボーン・レコードは何を語りかけてくれるのか。

 

過去海外での展示風景[6]_small

 


PR
2019.7.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする
  • facebook
  • twitter
  • instagram

フライング・ポストマン・プレス HOME