エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 東京版

2015/11/18

CASIO×KADOKAWAによる注目の音楽レーベル「Mono Creation」

What is MonoCreation ??

 

CASIO×KADOKAWAにより、昨年9月に設立された音楽レーベル【Mono Creation】。

今年1月にGOON TRAXの看板コンピ《IN YA MELLOW TONE》の膨大なカタログ群から厳選された楽曲をリミックスしたコンピレーションアルバム『Colors of Life by Mono Creation』のリリースを皮切りに、2月にはRaashan Ahmad、Steph Pocketsらが参加した初のオリジナルアルバム『My Primal Antitheses』を引っ下げ、第1弾アーティスト《Emily Styler》がデビュー。クラシックの素養をヒップホップ感覚に落とし込むヴォーカリスト/ピアニスト/コンポーザーの彼女は、その透き通るウィスパーボイスと叙情的な世界観をさらに洗練させた新曲『Last Romance』を9月に配信している。

続いて同9月には、第2弾アーティストとなるピアニスト/コンポーザーのLee Ayurが、あのShing02をフィーチャーした『巡/meguru』をフリー・ダウンロードで発表。

そして今回第3弾アーティストとして、オランダジャズ界の最重要人物ミスター・シルキー・ボイス“=ウーター・へメル、日本ジャズ界のトップピアニスト平戸祐介、ギタリスト / プロデューサー 関口シンゴを客演に迎えシングル『Stronger Every Day』を発表したのが、先述の『Colors of Life』にもサウンド・プロデューサーとして参加していたピアニスト/コンポーザーのStella.J.C.だ。

 

『Sounds by Casio Musical Instruments』のテーマのもと、高性能電子ピアノ Privia PX-5Sを音源制作の要として制作された良曲をひっさげ、現在の音楽界に一石を投じようとしている今注目の音楽レーベル【Mono Creation】。先日六本木のBillboard Live TOKYOにて開催されたStella.J.C『StrongerEvery Day』のリリース・パーティーを追いながら今注目の音楽レーベル【Mono Creation】とは何なのか、その実像を追いかけてみた。

 

151023_BB_0093

 

 

10 月23日(金)、Billboard Live TOKYOにてMono Creationの声がけのもと、関口シンゴ氏やSWING-O氏が所属するorigami PRODUCTIONS、イベント「KAIKOO」を主催するPOP GROUP、GOONTRAX、GAGLEが所属するJazzy Sportといった実力派アーティストと様々なコンテンツを抱え、業界にその名を轟かせるレーベルが一同に会し、Stella.J.C『Stronger Every Day』のリリース・パーティーを実施した。

この日のために、Stella.J.C.のスペシャル・バンドとして関口シンゴ(ギター)、Shingo Suzuki(ベース)、平戸祐介(ピアノ)、鈴木賢一郎(ドラムス)、ボーカルとしてオランダからウーター・ヘメルも参加。ウーターのシルキーボイス、Stellaの華麗なピアノをフィーチャーしつつJazzyなバンド・サウンドに仕上げられたウーターのオリジナル曲『Breezy』 、ウーターが客演の関口シンゴ『Who You Gonna Hold Tight』、メインナンバー『Stronger Every Day』を披露、六本木の夜をラグジュアリーに彩った。そして今回のリリースを祝うべく、SWING-O with AFRA+Hunger、Ai Ninomiya、GAGLEがゲストでパフォーマンス。Ai NinomiyaのステージにはStella.J.C.と共に『Colors of Life by Mono Creation』のリリース・パーティーでも演奏したという『Don’t Cry』を披露。

 

カシオ1

 

 

かなりレアなコラボレーションも満載だったリリースパーティー。その中でも今後の【Mono Creation】の様々な活動を想起させる貴重なメッセージが届けられた一幕があった。

第2部にて開催された今回参加した全5レーベルのトッププロデューサーによるトーク・セッション。Mono Creation代表 CASIO梶浦氏より

 

「レーベルの横のつながりを強め、コラボレーションも加えたイベントを作りたかった」

「各レーベルが競い合ってきた音楽業界も今は協力が必要。音楽を本来の形へ・・・音楽ビジネス主導では無い、有名無名関係の無いクリエイティブな一人ひとりの個性を集め、可能性にあふれた楽しい音楽文化を創りたい。」

 

カシオ2

 

さらに梶浦氏は

Mono Creationレーベルには1980年のカシオトーン201(電子キーボード)から生まれたモノ創りの遺伝子がベースある。《誰でも楽しめる楽器を提供したい》というメーカーとして脈々と受け継いできたシンプルな想いを、音楽という世界共通言語に乗せアピールしていきたい。すべての可能性あるクリエイティブな人達とともに音楽界にCASIOという視点から一石を投じたい」

と、レーベルの精神性を解説した。What is Mono Creation ??・・・Mono Creationとは何なのか。その答えを多分に含んだ内容のイベントであった。提案する新たな音楽文化創造に向けこれからも様々なコミュニケーションコンテンツを展開するであろうMono Creation。今後の活動に注目していきたい。

 

 

 

CASIO×KADOKAWAによる音楽レーベル“Mono Creation”

〈ARTIST〉

 

Emily Styler_アー写

〈Emily Styler/エミリー スタイラー〉

ヴォーカル / ピアニスト / コンポーザー。幼少より培ったクラシック歌曲の感覚を、絶妙なバランスでHIP HOPベースのサウンドに落とし込んだ唯一無二の世界観を持つ。Raashan Ahmad、Steph Pocketsらが参加したデビューアルバム『My Primal Antitheses』がiTunes HIPHOPトップアルバムランキングにて2位、リード曲『The Starry Night feat. NjS』は同トップソングランキングにて4位を獲得。透き通るウィスパーボイスと叙情的な楽曲群はシーンから高い評価を得る。キー・ビジュアルとミュージック・ビデオの制作においてはバンタン・デザイン研究所の産学プロジェクトに参加。アーティスト活動だけではない多面性も発揮した。2015年9月ニューシングル『Last Romance』 iTunes先行配信、2016年、2ndアルバム発売予定。

 

Lee Ayur_アー写

〈Lee Ayur / リー・アユール〉

ピアニスト / コンポーザー。ジャンルを超えて音楽を構築する実験的スタイルを持つ。日本的な間の感覚と流麗な曲調はアナログとデジタルを行き来するアーティスティックな音使いと共に各方面から高い評価を得る。2015年9月、デビューに際して深く繊細な詩世界で数々の名曲を生み出したShing02と共作した『巡/meguru』を発表。音楽活動だけではなく、タワーレコードとのコラボレーションWEBマガジン『創』では自身がナビゲーターを務め、名だたるクリエーター達とコミュニケーションを実施、モノ創りの精神性においての深度の深い交流を持つ。

ステラ

〈Stella.J.C / ステラ・ジェー・シー〉

ピアニスト / コンポーザー。幼少より培ったクラシックピアノのサウンドをクロスオーバーにブラックミュージックをベースとしたサウンドに落とし込む。シリーズ累計セールス30万枚を超えるモンスター・コンピレーションアルバム 『 IN YA MELLOW TONE 』をREMIXしたコンピレーションアルバム『 Colors of Life by Mono Creation 』にはサウンドプロデュースとして参加し、iTunes HIPHOPアルバムランキングにて3位を獲得。2015年10月にはオランダジャズ界の最重要人物“ミスター・シルキー・ボイス“=ウーター・へメル、日本ジャズ界のトップピアニスト平戸祐介、ギタリスト / プロデューサー 関口シンゴを客演に迎えシングル『 Stronger Every Day 』をリリース。2016年には同シングルも収録の世界の実力派ミュージシャン達が参加したニューアルバムもリリースされる2015年Best Jeanist Award 一般新人部門アーティスト賞 受賞現在FM長崎にて放送中の『YUSUKE HIRADO Radio Mono Creation』にレギュラーで出演中。


PR
2016.12.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする

フライング・ポストマン・プレス HOME