エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 東京版

2017/02/20

3/23(木)開催! 米アカデミー賞6部門ノミネート作『LION/ライオン~25年目のただいま~』一般試写会にFPP読者10組20名様をご招待

LIONライオン メイン

 

 

5歳の時にインドで迷子になった少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという驚愕の実話をもとに、名作『英国王のスピーチ』(’10)の製作陣が映画化。本年度米アカデミー賞において作品賞をはじめ6部門にノミネートされる注目作 『LION/ライオン~25年目のただいま~』が4/7(金)より全国公開へ。


始まりは1986年。インドのスラム街に暮らす5歳の男の子サルーが、兄と一緒にでかけた先でひとり停車中の電車の中で眠り込み、誤って遠く離れたカルカッタの街へと辿り着いてしまう。そのままサルーは迷子になり、やがてオーストラリアへ養子に出されることに。
そして25年後、大人になったサルーはおぼろげな記憶とGoogle Earthを頼りに、故郷の街を探し始めるのだが…。


大人になったサルーを演じるのは『スラムドッグ$ミリオネア』(’08)のデヴ・パテル、その恋人に『キャロル』(’15)のルーニー・マーラ、さらにサルーの養母にニコール・キッドマンら演技派キャストが集結。デヴ・パテルとニコール・キッドマンは本作での演技が高く評価され、米アカデミー賞の助演男優賞、助演女優賞にそれぞれノミネートされ、注目を集めている。


本作の公開を記念し、3/23(木)に開催される一般試写会にFPP読者10組20名様をご招待。
大人になり、充実し、幸せな生活を送れば送るほどに募るのは、遠く離れてしまったインドへの家族への想い…。本当の人生を取り戻し、未来への一歩を踏み出すため“家を探す”主人公の姿が胸に迫る珠玉のヒューマンドラマを、公開に先がけチェックしてみては?

 


<試写会応募詳細>
日時/3/23(木)
会場/よみうりホール(東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階)
開場/18:00 開映/18:30
応募方法/下記応募アドレスに、
郵便番号・住所・氏名・年齢・職業・FPP本誌の感想
を記入して件名に「『LION』試写会プレゼント係」と明記の上送信してください
※3 /15(水)締切
■応募アドレス:postmaster@flying-postman.com

<応募に際しての注意事項>
応募はお一人様一通とさせていただきます。それ以上の応募があった場合無効といたしますので、予めご了承ください

 


<映画詳細>
『LION/ライオン~25年目のただいま~』
http://gaga.ne.jp/lion/
’16年/豪/119分 
監督:ガース・デイヴィス
出演:デヴ・パテル、ルーニー・マーラ、ニコール・キッドマン、他
※4/7 (金)より TOHOシネマズ みゆき座他全国公開
(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia


PR
2017.9.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする

フライング・ポストマン・プレス HOME