エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 札幌版

2019/08/24

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』奥野壮 単独インタビュー

SPECIAL INTERVIEW @札幌

top

 

仮面ライダーシリーズ「第20作」記念であり「平成」最後の作品でもある「仮面ライダージオウ」。その“真の最終回”というべき内容の劇場版が、絶賛公開中だ。「王様になる」という夢を持ち、戦い続けてきた主人公・常磐ソウゴを演じたのは、この作品が俳優デビュー作となった奥野壮。初めて北海道を訪れたという彼に、集大成というべき劇場版についてインタビューを行った。

 

 

SPECIAL INTERVIEW

in

 

——————————————————————————————————-

「自分の思いを通したソウゴはすごくかっこいい」

——————————————————————————————————-

 

——北海道にいらっしゃったのは初めてですか?

 

奥野「はい。東京はもっと暑いので、着いた瞬間にこんなに涼しいんだってびっくりしました。すごく過ごしやすいですね。札幌での舞台挨拶は、皆さん上品に話を聞いてくださるなか、拍手などで場が盛り上がるところが札幌らしさなのかなと思いました」

 

  

——常磐ソウゴを演じてきて、ご自身に影響はありましたか?

 

「このような取材の場でお話する時に言葉のバリエーションが増えたというか、自分の思っていることを伝えるのがすごく苦手だったので、そういう部分はレベルアップしたなと。お芝居はもちろん、ソウゴを通して一つひとつお仕事をさせていただいているので、色々な面でステップアップしてるなって感覚があります。でもコミュニケーションを取るのが苦手なのは変わらないですね(笑)」

 

 

——劇場版は「平成仮面ライダー、最終章」と銘打たれていますが、撮影時の意気込みは?

 

「夏に映画があるのは以前からわかっていたので、メインキャストのみんなと「夏映画はジオウの最後の作品だし、絶対に良いものにしよう」と話していて、クランクインする前からそういう気持ちで挑みました。テレビシリーズとは違って映画は映画としての終わり方をしますが、僕の中ではすごく納得できる最後でした」

 

 

——その劇場版ならではの展開について、ポイントを挙げるなら?

 

「信長に色々と振り回されたり、ゲイツが甲冑を着たり、前半のコメディ部分がすごくおもしろくて。中盤から後半にかけてシリアスになっていくところは、前半のコメディがあったから生きてくるんじゃないかなと思います」

 

 

——共演者の方々も見どころですね。

 

「劇場版ゲストのISSAさんは変身ポーズをとるのは初めてなのにとても様になっていて、「あれ、僕は最初の頃そんなにかっこよかったかな」っていう(笑)。指先の動き一つとってもダンスをやっているからこそのかっこよさが出ていて、素敵なものを間近で見させていただいてありがたいなという気持ちでいっぱいでした」

 

 

——歴史への介入について、ソウゴなりの答えが印象的でした。

 

「これに関しては僕もソウゴと同じ思いです。僕はこのジオウという作品に対して、自分のやりたいようにやって楽しんでいたら視聴者の皆さんにも楽しんでもらえるんじゃないかという気持ちでずっとやってきたので、まさに「ソウゴめちゃくちゃ良いこと言ってくれる!」って思いました。確固たる思いがあればなるようになるというか、自分の思いを通したソウゴはすごくかっこいいし、そこが彼の魅力なんでしょうね」

 

 

——「王になる」というソウゴの夢についてはいかがですか?

 

「壮大で、良い意味で子どもらしい夢をもっているなと。すごくピュアですよね。僕自身は「王ってなんだろう」と考えながら一年間撮影をしてきましたけど、ソウゴはすごく支えられてきた王様だと思います。支えてくれる人がいたソウゴだからこそできた選択があっただろうし、人の上に立つのも王様ですけど、人に支えられるのも王様なんじゃないかな。映画でも、詩島剛たちの言葉に支えてもらったからこそ、立ち上がることができたんだと思います」

 

 

——ご自身の平成の振り返りと、令和への抱負をお願いします。

 

「平成はすごく平和で自分の思うように過ごせたので「ありがとうございました、ゆっくりしてください」と平成に言いたいです(笑)。抱負は、人との出会いを大切に、目の前のお仕事をコツコツ自分なりに頑張っていけたらなと思います」

 

  

—————————————————————————————————————–

 

main

劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会  ©︎石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

©︎2019 テレビ朝日・東映 AG・東映

 

■ストーリー 

残されたドライブライドウォッチの謎。その鍵は戦国時代に隠されていた。魔王・織田信長と出会い、歴史上の戦いに身を投じるソウゴたち。そこにあらわれたのは歴史の管理者を名乗る“クォーツァー”、仲間だったはずのウォズも、その一員として立ちはだかった。やがて明かされる、ソウゴたちのこれまでの戦いに隠された衝撃の事実。常磐ソウゴ=仮面ライダージオウ、その存在に隠された大いなる陰謀とは? 時空を超えた冒険のはてに、ついに誕生する王は最善か? 最悪か? ついに「仮面ライダージオウ」真の最終回へ——。

 

 

出演:奥野壮 押田岳 大幡しえり 渡邊圭祐 生瀬勝久 ほか

 

劇場版ゲスト:ISSA YORI TOMO KIMI U-YEAH KENZO DAICHI(DA PUMP)

         前野朋哉 若林時英 斉藤秀翼 パパイヤ鈴木  

 

※『劇場版 仮面ライダージオウOver Quartzer』は、全国にて公開中

 

公式サイト

 


PR
2019.9.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする
  • facebook
  • twitter
  • instagram

フライング・ポストマン・プレス HOME