エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 札幌版

2019/07/23

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』0706作戦 LIVE

札幌会場のレポート 7/6(土)@さっぽろテレビ塔

main

 

————————————————————————————————-

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』0706作戦 LIVE

  札幌会場レポート  7/6(土)@さっぽろテレビ塔

——————————————————————————————-

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の2020年の公開に先立ち、超異例となる映画本編冒頭10分40秒00コマの先行公開イベントが、ここ札幌でも開催された。フランス・パリの「JAPAN EXPO」に登壇した碇シンジ役・緒方恵美さんと高橋洋子さんによるトークパートやライブの模様も生中継され、アメリカ・L.A.のANIME EXPO、中国・上海、さらに札幌・東京・名古屋・大阪・博多の会場も繋ぎ、大熱狂となった札幌会場の模様をお届けする。

  

sub1

 

観光客や休日を過ごす人でにぎわう大通公園。そのシンボルとも言える「さっぽろテレビ塔」が札幌会場だ。設置された巨大スクリーンの前には、日が暮れていくに連れて加速度的にファンが集まり、高い期待が寄せられている様子が伝わる。時刻はイベント開始1時間前。多くは男性だが、女性もけして少なくない。年齢も幅広く、制服姿で友人と数人で見に来たと思われるファンもいた。エヴァが世代を超えて愛されている証拠だろう。普段は設置されていない巨大スクリーンを、珍しそうに見上げるのは家族連れだ。そして20時を過ぎた頃だろうか、集まっていた人たちが自然とスクリーン前へと詰めかけ、期待と興味に会場が包まれた時、イベントがスタート!

 

sub3

 

高橋洋子の楽曲から始まったことで、会場のボルテージは一気に上昇。「FLY ME TO THE MOON」では、メロディーに合わせて身体を揺らして聴き入る人もいた。そしてステージパフォーマンスの余韻も冷めやらぬなか、緒方恵美が登場。アフレコの様子や「これで最後」という言葉には、ため息とも歓声とも言える声が。庵野監督の話題になったところで、なんと監督からのメッセージビデオがあるとのこと。「エッフェル塔を描くことができてよかった」との言葉には、現地パリでは大きな歓声があがり、アバンの公開にあらためてざわめく札幌会場。これ以上ないほどの興奮状態のなか、ついに、世界初公開となる特別映像が始まる。スマホを構えつつも、待ち望んだ映像を少しでも見逃すまいと、ファンの視線はスクリーンへと釘付けに。気がつけば観光客すら足を止めて見入っていた。そして、あっという間の10分が終わる。最後に映し出されたのは、新ビジュアルのポスターだ。それを見て我に返ったように拍手が起こり、大きく会場に響いた。同行者と熱心に語る者や、熱心にスマホを操作する者。会場を後にする彼らの背中からは、歴史を見届けたという達成感が感じられた。

 

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は西暦2020年6月公開

 公式サイト

 


PR
2019.7.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする
  • facebook
  • twitter
  • instagram

フライング・ポストマン・プレス HOME