エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

2014/01/23

「癒し」「ほっこり」「小龍包」禁止! これが本物の台北だ!

Print

 

超コワモテなヒップホップ/R&B評論家が惚れ込んだ街。

それはN.Y.でもL.A.でもなく……台北だった!

 

躍動するカルチャー。豪快な食文化。総合エンターテインメント化した巨大書店。異常にレベルが高いアート。見知らぬ日本人にバス代をカンパしてくれる人情。

世界史からSFまでに精通し“ダークサイドの池上彰”の異名を持つ著者独自の視点で伝える、楽しきカオスシティ、台北の本&オンリーな魅力。

日台関係がますます深まり、台湾の国宝級「豚の角煮」&「白菜」が来日を果たす2014年こそ……台北の本当の魅力を知ろう!

 

 

【目次より】

まえがき 「アンチほっこり」な理由/リノベーションが活きる街/台北には木星がある/ナイトマーケットに行こう!/肉のバリエーションにしびれろ/豆花という選択/タピオカくんが行く!/誰だって臭豆腐を拒む権利はある/食べ合わせのはなし/台北ドラッグロード/めくるめく日本語看板の世界/週末開催の宝石市で驚け/萌えろ! 宅男(オタク)魂/語られざる名物。それはグラフィティ!/ギャングスタなシューズが辿った愉快な運命/厳選! ライブスポット&クラブ/あなたの知らないヒップホップ大国/美麗島ものがたり 台湾数百年史/台北の常識 コンビニの茶は甘いぞ!/あとがき そして、我がMACHIへ。

 

【著書】

丸屋九兵衛(まるや・きゅうべえ)

本業はブラック・ミュージック専門誌あらため専門サイト『bmr』編集長。……なのだが、勢いで行った台北で、来日も果たしていないマニア好みなUSラッパーの台北公演ポスターを見て衝撃を受ける。さらに翌日、バスに乗り合わせた地元のみなさんにバス代を出してもらい、人情に思わず涙ぐむ。

その瞬間から、台北と恋に落ちた。

 

 

Print

 

『史上最強の台北カオスガイド101

著書:丸屋九兵衛

¥1,500(税別)

A5サイズ+フルカラー 全176ページ

※1/30(木)発売

http://www.amazon.co.jp/dp/490743507X


PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。