エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

2012/03/01

あの日、相馬市で起こったこと~東日本大震災の“命の現場”が舞台に!

 


映画監督・俳優・プロデューサーとして活躍する塩屋俊主催の舞台『HIKOBAE』が、3/11(日)のN.Y.公演を皮切りに、東京、福島県相馬市で続々上演されることに。物語の舞台となるのは、東日本大震災後の福島県相馬市。海沿いの住民5,000人を津波の被害から護ろうと命を賭して闘った消防士たち、度重なる余震の中で自ら身の危険にさらされながらも患者を守るために奮闘した医師や看護師たち…。“命の現場”にいた彼らが、家族や愛する人を喪った悲しみと自分の使命との狭間に迷い苦しみながらも、懸命に生と向き合い続ける様を描いていく。


物語の主人公である留学研修医アラン役には、ロバート・デ・ニーロなどを輩出したアメリカトップクラスの歴史ある演技学校Stella AdlerStudio of Acting出身であり講師でもあるアダム・ガーバー。相馬市消防団の一員である村井栄治役には若手実力派の鈴木亮平、ヒロインの研修医役には新進女優の趣里。さらには塩屋俊、大和田伸也、中丸新将などの実力派俳優が脇を飾り、作品を支えていく。


チケットの収益は事務手数料を除き、すべて「相馬市震災孤児等支援金」へ寄付されるというこの舞台。福島県相馬市の人々の再生への道のりを、ステージを楽しむことで応援できる絶好の機会をお見逃しなく!



舞台 『HIKOBAE』

http://www.hikobae-pro.org/


企画・エグゼクティブプロデューサー:塩屋俊

原案・演出:梶原涼晴

出演:アダム・ガーバー、鈴木亮平、趣里、他


公演日:【N.Y.公演】3/11(日)、【東京公演】3/20(火・祝)、【相馬公演】3/31(土)

料金:¥5,000(※【東京公演】のみ発売)

チケットお問い合わせ:天王洲銀河劇場公式サイトhttp://www.gingeki.jp/ticket.html



PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。