エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

2011/09/23

女優&写真家・松田美由紀初の写真展 『SUPER MIYUKI MATSUDA』開催!


実力派女優としてのみならず、アートディレクター、映像ディレクター、写真家としても活動し、多才ぶりを発揮している松田美由紀。そんな彼女の初写真展『SUPER MIYUKI MATSUDA』が、9/25(日)より表参道のEYE OF GYREにて開催される。

この写真展は、今最も注目を集めるフォトグラファーのレスリー・キーが、10月に50歳になる松田へのバースデープレゼントとして企画発案したもの。

50歳という数字にちなみ、松田美由紀自身の“男友だち50人”との2ショット写真をレスリー・キーが撮り下ろす「神様がくれた贈り物」。写真家・松田美由紀の『GENROQ』(三栄書房)における連載より、5年分の撮り下ろし を一挙発表する「ボクノクルマ」。このふたつの写真展を同時開催し、フォトセッションを繰り広げる。

写真展開催に先立ち、都内某スタジオで行われた「神様がくれた贈り物」の撮影現場に潜入取材を敢行! 現場に到着するとまず飛び込んできたのは、スタジオの中央に置かれた1台のベッド。決められているのは、このベッドを使って松田美由紀と“男友だち”がなにかをするということだけ。“男友だち”が現場に到着してから、それぞれのイメージに合わせて写真のコンセプトを決定。そのコンセプトに添ったヘアメイク&スタイリングを施し、撮影していく。

現場にはレスリー・キーの他に、「松田美由紀のためなら」と無償で撮影に協力するスタッフの姿も。多種多様な衣装と小物を取り揃えるスタイリストに、カットごとにヘアスタイルをアレンジし、メイクの印象をガラリと変えるヘアメイク。その集中力と仕事の完成度の高さに、現場の空気も自然と熱を帯びていく。

映画監督・利重剛と革命をテーマに雄々しく撮影したかと思うと、EXILEのMAKIDAIとはぐっとセクシーに。続く江頭2:50とはスパッツで、雨上がり決死隊の宮迫博之とは“レスリング風”のコスチュームで揃えてコミカルに撮影し、不良牧師 アーサー・ホーランドと背徳的な香りを漂わせ、クリエイターの松尾スズキと楽しい“マッチョ”対決を繰り広げる。さらには、永瀬正敏と危険な“大人の遊び”に興じ、渋川清彦と夢の“ハリウッドスター”共演を、瑛太とキュートな“パジャマデート”を果たしたところでこの日の撮影はオールアップ!



スタッフ渾身の“50通りのアートディレクション”に応えるかのように、カットごとにさまざまな印象をフィルムに刻んだ松田美由紀。ヘアメイクを担当した中村兼也氏も「50人の女優を相手にしたかのよう」と舌を巻く、表現者としての圧倒的な力を見せてくれた。

最後に、本写真展を主宰するふたりの写真家よりメッセージを。

「(松田)美由紀の“友だちは神様がくれた贈り物”という言葉を聞いて、この写真展の企画を思いつきました。スタートはたった1カ月前。それでも彼女のためにとたくさんの人たちが協力してくれ、こうして写真展を開催できることになった。これは運命の写真展です」
(レスリー・キー)

「私のためにこんなにたくさんの友だちが協力してくれて…本当にありがたくて、撮影中は何度も涙が溢れそうになりました。私自身、今回改めて友人の大切さ、誰かが近くにいてくれることの素晴らしさを実感しました。“ひとりじゃないんだ”というメッセージを、この写真展を通して少しでも多くの方に届けたい。そう心から願っています」
(松田美由紀)

人と人との繋がりを再確認できるこの写真展。友だちや家族、恋人と連れ立って出かけてみては?


『SUPER MIYUKI MATSUDA』
レスリー・キー×松田美由紀 フォトセッション「神様がくれた贈り物+ボクのクルマ」


【開催期間】9/25(日)~10/10(月)
【開館時間】11:00~20:00
【会場】EYE OF GYRE / GYRE 3F
http://gyre-omotesando.com


「神様がくれた贈り物」参加スタッフクレジット
撮影:レスリー・キー
ヘアメイク:須賀元子、中村兼也、Kohey
スタイリスト:杉山まゆみ



PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。