エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 名古屋版

2016/11/11

シルク・ドゥ・ソレイユ日本最新作。『トーテム』名古屋公演いよいよスタート!

図1

「人類の進化」をテーマに、壮大な物語を表現するシルク・ドゥ・ソレイユの日本最新作『トーテム』の名古屋公演が、今週11/10(木)よりスタートした。

開幕前日、本番さながらのリハーサルが、名古屋ビックトップにて行われた。

 

幻想的な暗闇の中、眩しく銀色に輝く“クリスタルマン”が頭上から静かに舞い降り、地球に命を与えるところからショーは始まる。同じ人とは到底思えない圧倒的なパフォーマンスに、私たちの鼓動を揺さぶる生演奏の音楽。細部にまでこだわり抜かれた衣装に、トーテムの世界観を完全に表現しきった映像や舞台装置。

 

ここから繰り広げられる、空間全体を使った『トーテム』という“旅”は、一気に私たちを引き込み、2時間半にもおよぶ公演は、会場中の人たちの五感を大いに刺激しながら瞬く間に駆け抜けていった。

 

公開リハーサル演目

・カラペース

・リングス・トリオ

・フープ・ダンサー

・ユニサイクル・ウィズ・ボウル

・ディアボロ

・フォックスト・トラピス・デュオ

・ローラー・スケート

・マニピュレーション

・エスカラード

・コントーション

・ロシアン・バー

 

PICK UP!

<カラペース>

舞台中央に置かれていた亀の甲羅のような舞台装置の中から、スタンバイしていたアーティストたちが勢い良く躍動し始める。トーテムのロゴにも使用されているカエルたち両生類や、魚など様々な“生物”たちが、独特の鳴き声を発しながら飛び回る。骨組みの一部を鉄棒にして回転し、飛んで移動する圧巻のパフォーマンスには思わずこう叫んでしまう。「かっこいい!!」。

 

<ユニサイクル・ウィズ・ボウル>

見上げてしまうほどの高さ2mもある特殊な一輪車に乗った5人の女性アーティストたちが颯爽と舞台に登場。その高い位置で金属製のボウルを何枚も使ってジャグリングを開始。とは言っても通常のように手を使うのではなく、片足に乗せたボウルを投げ、それを受ける相手はボウルを頭の上に乗せて次々とキャッチしていく。

ボウルをキャッチするたびに歓声が上がり、音楽も相まって大いに会場は盛り上がる。

アーティストたちのかわいらしい笑顔に釘付けになり、その足元をよく見ると一輪車の長い棒の部分は「竹」になっているなど、いろいろな発見が。

 

<愉快な登場人物たち>

コミカルな表情と動きのクラウン・フィッシャーマンや、おしゃべりで陽気なクラウン・バレンティーノには、思わず笑いが。国籍も違うのに、よく日本人の笑いのツボをおさえたものだ!と感動してしまう。原始人や猿たちも登場するのだが、立ち止まっているようなちょっとした瞬間でさえ、もはや人間ではなく猿や原始人そのもの!現代の忙しいビジネスマンが彼らに出くわし、手にしていたスマートフォンを奪われるのだが、やたらスマホの匂いを嗅ぐ原始人たちの姿が編集スタッフNのツボに。

 

暗闇の中、怪しく光る宇宙服に身を包んだアーティストたちが、バーの上を跳ね上がる「ロシアン・バー」や、恋の駆け引きをハラハラするようなパフォーマンスで表現した愛らしい「フォックスト・トラピス・デュオ」など私たちを虜にする演目が続き、最後には音楽にのせて出演者たち全員が登場する感動のフィナーレを迎える。輝く出演者たちの笑顔を前に、私たちも思わず、にっこり笑顔になってしまう。

 

決して“見る”ショーではない『トーテム』。実際に“体験”し、感じ、心を揺さぶられ、ショーを体験したあとは、壮大な旅を終えたような大きな満足感を与えてくれる。

実際にその場に行かないと伝えることのできないこの感動を、ぜひ体感してもらいたい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ダイハツトーテム名古屋公演

■公演期間 :2016/11/10(木) ~ 2017/1/15(日)

■会場 :名古屋ビッグトップ(ナゴヤドーム北) (愛知県)

■注意事項 :車イスをご利用のお客様は、ダイハツトーテム名古屋公演事務局0570-02-0099(10:00~18:00[年末年始を除く])のみにて承ります。車イスはA席料金です。SS席を4枚以上ご購入の場合は、グループチケットをご利用下さい。グループチケット(SS席)は4枚単位での販売。演出機材により、舞台の一部が見づらい席がございます。都合により演目の一部を変更する場合がございます。公演中止の場合を除き、お申込み、ご購入後の変更、取消、払い戻しは致しかねます。3歳未満は保護者1名につき1名まで膝上に限り無料。但し、席が必要な場合は有料。

■公演などに関する問い合わせ先: ダイハツ トーテム名古屋公演事務局:0570-02-0099(10:00~18:00)

ダイハツトーテム公式HP:http://www.fujitv.co.jp/events/totem/


PR
2017.6.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする

フライング・ポストマン・プレス HOME