エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 名古屋版

2014/11/09

『スポライ 激闘2014』を控えた「BOYS AND MEN」に特別インタビュー!!

注目ユニット「BOYS AND MEN」。11月12日(水)に愛知県体育館で秋のイベント『スポライ 激闘2014』を開催‼

東海エリア出身・在住のメンバーで構成されたイケメンユニット「BOYS AND MEN」。ライブやミュージカルをはじめテレビ・ラジオ・雑誌などで幅広く活躍し、今、女性ファンを中心に人気急上昇の注目ユニットだ。

11月12日には愛知県体育館で「スポライ 激闘2014」のイベント開催を予定しており、彼らの磨き抜かれたダンスや歌とともに、バスケットボールの試合を通して、男と男の本気のバトルを観ることができる。そんな「BOYS AND MEN」のメンバー小林豊、辻本達規、田村侑久、吉原雅斗に、彼ら自身の素顔や、イベントに向けての想いを聞いた。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左から 辻本達規/小林豊/田村侑久/吉原雅斗

 

 

—— いつも活動を共にされている皆さん、お互いの良いところを紹介をしていただけますか?

 

小林:まずは辻本くん!彼の良いところは、とことん自分を理解して、愛しているところですかね!

田村:だからこそ負けず嫌いなんですよ。人が諦めるような場面でも負けずに突っ込んで行く。スポライのイベントでも、その根性が発揮されると思う。

吉原:甘え上手でもありますよね。相手が誰でも、すっと懐に入っていくんですよ。年下のメンバーにも甘えています。やっぱり末っ子だからかな。

田村:この4人、実はみんな末っ子なんだけどね(笑)。

 

—— それでは、小林さんは皆さんにとってどんな方ですか?

 

辻本:自分がされて嫌だったことを、人に倍返しする(笑)。

小林:悪口じゃん(笑)。

田村:メンバー1ワガママかもしれないけど、メンバー1のお母さん肌だとは思いますね。よく気がついてくれますし、メンバーに尽くしてくれるというか。

辻本:好きな人にはとことん尽くすタイプですね(笑)。

田村:あと、最年長だけど寂しがりやで、憎めないキャラです。

吉原:みんな同じメンバーなんだから敬語は嫌だって言ってくれて。まわりに対して優しくて、気が遣える人だと思います。

辻本:逆体育会系という感じですね。上下関係を嫌がって、平等の立場で頑張ろうって言ってくれたのが嬉しかったです。

 

—— 続いて、吉原さんの良いところを教えてください。

 

小林:吉原は、メンバーで1番背がでかいです!それだけじゃなくて、気遣いができるし、吉原を苦手だと嫌いだと思う人はいないと思います。

辻本:こんな甘い顔をして、意外と男らしいところもありますよね。

吉原:俺はゆとりオーバー世代だから。

辻本:自分でそういうこと言っている時点で“ゆとり”なんですよね。

一同:(爆)。

田村:東京でお仕事をした時、みんなが笑顔になれるようサポートするからね、って言ってくれて、大人だなと思いました。そういうところがカッコいいんですよ。

辻本:学校の先生に好かれる優等生というより、友達に好かれるタイプだと思いますね。

田村:そうそう。友情を大切にしてくれるキャラ!頼りになる友達っていう感じしますね。

小林:そんな田村は下品キャラですね(笑)。あとテンションの差が激しい。

田村:情緒不安定かよ(笑)。

小林:田村は、我が道をゆくタイプというか。でも、夢に向かって頑張る姿勢はメンバー1だと思っています。

田村:元々、人と話すことが好きなんですよ。だからボイメンのチラシ配りも好きです。

 

—— そう。メンバーの皆さんは、忙しい活動の合間を縫って、地道にチラシ配りを続けていらっしゃるんですよね。チラシがきっかけでファンになったという話をよく聞きます。

 

田村:嬉しいですね!でも快く受け取ってくださる方ばかりではなく、チラシを受け取ってもらえないこともありました。でも絶対いつか、もっと頑張って、僕たちのパフォーマンスを観てみたいって思ってもらえるようになるぞって、心の中で誓っています!

 

—— 悔しい想いをバネにして、頑張って来られたのですね。

 

辻本:はい。つまり田村は下品だけど頑張りやで、とても良いやつ、ということです!ちゃんと伝わっていますかね(笑)?

 

—— はい、チームの皆さんにもとても愛されていること、そして内に秘めている闘志、しっかり伝わりました(笑)。

 

小林:イベントでは出演者よりお客さんが少ないこともあったし、笑われたことも馬鹿にされたこともありました。それでも、俺だけじゃなく、みんな目指すものがあるから頑張ってこられたと思います。

 

——皆さんが目指しているものとは?

 

小林:ボイメンに参加した当初から変わらないのですが、ナゴヤドームでライブをすることですね。

辻本:俺はナゴヤドームで運動会!

田村:ナゴヤドームでチラシ配り!

一同:(笑)。

小林:名古屋で生まれ育ったメンバーも、そうじゃないメンバーも、全員この名古屋で頑張ってきましたから。名古屋と言えばナゴヤドームだと思うので、そこでライブをすることが、お客さんへの恩返しにもなると思っています。

 

—— なるほど。皆さん、それぞれ目標に向かって頑張っているのですね。11月12日にも、愛知県体育館で「スポライ 激闘2014」を開催されますが、こちらも持ち前の負けん気で準備や練習をされているところでしょうか?

 

吉原:はい、メンバーそれぞれが練習に励んでいます。もともとスポーツは好きなんですよ。

小林:野球とか剣道とか、メンバーそれぞれにいろいろなスポーツ歴があるのですが、バスケは誰もやったことがなかったんです。だから、平等なラインで戦えるのが良いですね。

田村:ファンの皆さんに応援してもらっているぶん、“かっこいいところを見せたい”という気持ちは全員同じです。

小林:観に来てくれるお客さんに少しでも楽しんでほしいので、みんなで頑張っています!ぜひ、一人でも多くの方に、来ていただきたいです!!

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

<BOYS AND MEN>

東海エリア出身・在住のメンバーで構成された

イケメンユニット。現在総勢22名でライブやミュージカルをはじめ

テレビ・ラジオ・雑誌などで幅広く活躍中。

 

<イベント情報>

「スポライ 激闘2014」

日時:2014年11月12日(水)17:30開場 18:30開演

会場:愛知県体育館(名古屋市中区二の丸1-1)

主催:東海テレビ放送 フォーチュンエンターテイメント

お問合せ:東海テレビ放送 事業部

    052-954-1107 月~金(土・日・祝日を除く)10:00~18:00

チケット:東海テレビオンラインチケット、チケットぴあで販売中

料金:スタンド4000円

※全席3歳以下膝上無料 お席が必要な場合は有料

 


PR
2019.2.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする
  • facebook
  • twitter
  • instagram

フライング・ポストマン・プレス HOME