エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 名古屋版

2017/08/07

『君の膵臓をたべたい』 W主演浜辺美波&北村匠海 “「君と水族館にいきたい“通称<キミスイ>イベントで名古屋港水族館に登場

☆IMG_0228

 

 

現在、名古屋港水族館では映画『君の膵臓をたべたい』公開を記念して、映画の愛称である“キミスイ”にちなみ、コラボキャンペーン「君と水族館にいきたい」通称“キミスイ”キャンペーンを実施中!

本作W主演の浜辺美波&北村匠海が撮影のクランクアップの地である愛知県に再び帰り、“キミスイ”キャンペーンと同時開催中のサマーナイトアクアリウムを体験。シャチやイルカたちとも交流する”擬似デート”で、日本最大級の水族館・名古屋港水族館の夜を存分に楽しんだ。

 

 

 

 

☆IMG_0276●

  

 名古屋といえば”シャチ”ということで、名古屋港水族館のシャチたちと交流。手を振ると、まるで2人と仲良くなりたいかのように近づいてくるシャチとのふれあいに、2人は大興奮。

 

☆IMG_0146

 

続いて、日本最大級のメインプールで繰り広げられるダイナミックなイルカたちのナイトパフォーマンスを見学。のびのびと泳ぐイルカたちを見て、「夜のイルカショーは初めてです!音楽がかかった瞬間にテンションが一気にあがりました!」(浜辺)、「イルカショーは人生2回目なのですが、想像以上の迫力でした!」(北村)とコメント。

 

 

 夜の水族館“疑似デート”を終えた2人は「大切な人と、映画“キミスイ”を見た後に、“君と水族館にいきたい”キャンペーンにもご参加いただければと思います」(北村)、「思い出がたくさんできる夏に、映画“キミスイ”でも水族館でも思い出を作ってください」(浜辺)とコメント。

 

映画“キミスイ”と名古屋港水族館とのタイアップ企画を楽しんで、今年の夏、忘れられない思い出を残したい。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 【ストーリー】

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。

彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく―。

膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、

【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。

だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。

桜良の死から12年。

結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた―。

そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人―。

 

【映画詳細】

『君の膵臓をたべたい』              

原作:住野よる『君の膵臓をたべたい』(双葉社刊)

監督:月川 翔       脚本:吉田智子      音楽:松谷 卓/追加編曲:伊藤ゴロー

出演:浜辺美波 北村匠海 

大友花恋 矢本悠馬 桜田通 森下大地 /上地雄輔

北川景子/小栗 旬

©2017「君の膵臓をたべたい」製作委員会 ©住野よる/双葉社

公式HP  :http://kimisui.jp/    

ツイッター :https://twitter.com/kimisui_movie  #キミスイ

7月28日(金)全国ロードショー

 

 

【名古屋港水族館 タイアップ企画詳細】

 ■キミスイ×キミスイキャンペーン

期間:7月21日(金)~8月3日(木)

▶︎CPツイッターアカウント(@eiga_chubu)をフォローして、君(家族・友人・恋人etc)と水族館に行ってきた写真をハッシュタグ#キミスイ #名古屋とつけてtwitterに投稿します。抽選で10名様に「キミスイ」リバーシブルブックカバーをプレゼントいたします。

 CPツイッター:https://twitter.com/eiga_chubu #キミスイ #名古屋

 

■名古屋港水族館「サマーナイトアクアリウム」

期間:7月21日(金)~8月31日(木)

▶︎営業時間を20時までに延長。17時以降は入館料が通常の2割引きになり、大変お得。イルカが 夜空をジャンプする「ナイトパフォーマンス」や、照明を抑えたロマンチックな雰囲気の南館もおすすめ。

 


PR
2017.10.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする

フライング・ポストマン・プレス HOME