エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 名古屋版

2016/10/11

映画「闇金ウシジマくんPart3」出演・本郷奏多スペシャルインタビュー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

累計1000万部の大台を突破した真鍋昌平の人気コミックを実写化し、アウトローな闇金業者「カウカウファイナンス」の社長・ウシジマ(山田孝之)を主人公に、金と欲望に翻弄される人々の転落人生を描く社会派エンタテインメント「闇金ウシジマくん」シリーズ。絶賛公開中の映画第3作「闇金ウシジマくんPart3」にキーマンとして出演する本郷奏多さんに、作品に対する想いや魅力聞いた。

 

―映画「闇金ウシジマくん Part3」に出演することが決まった時、どんな気持ちでしたか?

元々漫画も映像作品も見ていて、ものすごく人気のある作品ということも知っていたので、作品に参加させてもらえるのはラッキーだなと思いました。山田孝之さんは僕が尊敬している役者さんのお一人だったのでご一緒できるのはすごく楽しみでした。

 

―漫画も読んでいたということですが、作品に対してどのようなイメージを持たれていましたか?

最初に漫画を読んだときは、すごく暗い気持ちになりました。作者の真鍋さんが綿密な取材をした上で作った作品なので、闇金というよく分からない世界なのに得体の知れないリアリティさがあって読んでいると受けるダメージがすごく大きいです。人間の持つ怖いもの見たさという部分にダイレクトに働きかけてくる作品だなと。なかなか無いですよね。嫌な気分になるのが分かっているのになぜか見たくなってしまうという底知れない魅力がある。ジャンルとして出会ったことがないと思っています。

 

―本郷さんが演じたのは沢村真司というキャラクターですが、どのように演じようと思いましたか。

相対的に見ると僕の演じたキャラクターはそこまでひどいことはされていないので、特に大変だったということはありませんでした。今回の映画は原作でいう「フリーエージェントくん編」のエピソードになるのですが、僕の演じた沢村真司に相当するキャラクターはいるのですが、漫画の中とは名前が変わっています。他のキャラクターや天生翔先生とかは名前が変わっていなくて。意味もなく役名を変えるということはしないと思うので、これは監督に聞いたわけではないですが「あいつとは違うから好きにやっていいよ。」というメッセージと受け取ったので、漫画のことは考えずに監督が新しく作るものを体現できたらいいなと思いました。

 

―真司が映画の中で野心を持ってどんどん変化していきましたね。

沢村真司という人間は最初から最後まで基本的な考え方や人間性は全く変わっていないと思っています。真司自体は人を騙しているという感覚はないと思うし、自分の不利益を考えずに人を助けてしまったりもする、根が良い奴なんです。新しい生活に飛び込み、生活スタイルなどは変化したけれど、真司の根本的な人間性は変わっていないので安定して迷うことなく演じられました。

 

―本郷さんご自身と真司。共通する部分というのはありますか。

自分からきっかけを作って動けるところですね。現状に満足していない人はたくさんいると思う。真司やその周りの仲間たちも同じようにそれは分かっていて、愚痴を言いながらも惰性で毎日を生きている。でも、真司は「リスクをとる」と劇中でも言っていたと思いますが、自分からリスクを取って動ける人間なんですよね。心の中でなんとなく分かっているけど動けなくて時間だけを消費してしまう人が多い中でも、そうやって動き出していけるというところは僕と近いと思いました。時間っていうのは有限なので迷っている時間はもったいないと思います。僕は時間というのは一番大切なものだと思っているのですが、その考えを真司も潜在的に持っているのかもしれないと感じます。

 

―真司に影響を与えるキャラクターを演じた浜野謙太さんや白石麻衣さんと共演してみてどうでしたか。

浜野さんは天生翔を演じる上で体格も作り上げて、話し方も研究されていて役作りに対する努力に妥協をしないところが素敵だなと思って見ていました。天生翔には胡散くささが必要なんだと思います。セリフや立ち振る舞いもあきらかに普通の人と違うというところにカリスマ性がありますよね。ヴィジュアルがかっこよすぎてもダメだと思うし。コミカルで胡散くさくて、観ている人が俺でもなれるんじゃないの?と思わせることが重要なキャラクターです。白石さんとはほとんど現場でも話したことがないのですが(笑)。麻生りなは真司がより頑張ろうとするきっかけになった存在だと思います。りなは真司にとって、原動力になるぐらい魅力的で手の届かない人でなければいけないと思っているので、白石さんご自身が持っている魅力がすごく役にはまっていたと思いました。

 

―実際に、完成した映画をご覧になってどうでしたか。

僕自身は映画の中で一番、天生さんの考え方に近いので、観ていてすごく面白かったです。スピード感もあってウシジマくんらしい作品だと思いました。今回、動く金額も億単位と大きなお金で派手で今までのウシジマくんよりもレベルが上がっていると思うので、楽しんで観ていただけると思います!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

〈STORY〉

派遣の仕事で食いつなぐ真司(本郷奏多)は、ある日街で撮影中のタレントのりな(白石麻衣)を見かけ、一生縁がなさそうな美人に社会の格差を実感する。「誰でも稼げる」という塾を主宰するネット長者・天生翔(浜野謙太)の広告を見て半信半疑でセミナーに出席した真司は、人生の一発逆転を狙って億単位のマネーゲームに巻き込まれていく。一方、サラリーマンの加茂(藤森慎吾)は妻がいながらキャバクラに通い、美人キャバ嬢・花蓮(筧美和子)を落とすことに夢中になる日々。それぞれの理由で金が必要になった彼らは、ウシジマ(山田)率いる「カウカウファイナンス」を訪ねて…。

 

■映画「闇金ウシジマくん Part3」

監督:山口雅俊

原作:真鍋昌平「闇金ウシジマくん」

(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)

出演:山田孝之、綾野剛、本郷奏多、白石麻衣

筧美和子、最上もが、藤森慎吾、浜野謙太、マキタスポーツ、

高橋メアリージュン、崎本大海、やべきょうすけ ほか

配給:東宝映像事業部=S・D・P

ミッドランドスクエアシネマほか、全国の上映劇場にて絶賛公開中!

 

 

『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』も、10/22(土)よりミッドランドスクエアシネマほかROADSHOW!


PR
2017.5.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする

フライング・ポストマン・プレス HOME