エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 名古屋版

2019/07/08

映画『いちごの唄』舞台挨拶に古舘佑太郎と峯田和伸が登壇!主題歌「いちごの唄」に込められた想いとは

メイン第一候補

 

親友といつでも一緒だった頃の無敵な気持ち、

恋した時の喜びと切なさ。青春のすべてがここにある。

 

数々の名作映画・ドラマを手掛けてきた脚本家・岡田惠和と、銀杏BOYZ・峯田和伸が紡いだ青春と恋の物語『いちごの唄』が現在公開中だ。だれもがいつか経験した最高の友情と、切ない恋の想い出が、豪華なキャスト・スタッフによってキラキラと輝く青春映画になった。

 

本作の公開記念舞台挨拶に主演の古舘佑太郎と音楽・主題歌を手掛けキャストとしても参加している峯田和伸が登壇した。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


―映画『いちごの唄』の公開おめでとうございます。まずは一言ずつご挨拶をお願いします。

古舘「この作品は、去年の夏から関わらせてもらいました。無事公開になり、作中と同じ7月7日にこうして名古屋に来られたことを本当にうれしく思います。みなさん今日は来ていただいて、ありがとうございます」

峯田「3年前から原作を書き始め、ようやく完成しました。バンドではレコーディングをして新曲が発売されると、子どもが生まれたかのような気持ちになるのですが、今回はみなさんとともに作り上げたので、それともまた違った感覚です」

 

 ソロカット2

 

―古舘さんはコウタを演じられていかがでしたか?

古舘「僕にとって銀杏BOYZはとても大切な存在で、可愛い部分だったり、凶暴な部分だったり、いろんなものが内包されているので、どこを切り取っていこうかということを最初はすごく意識していたんです。でも峯田さんの「自由にやれ」という言葉がきっかけで、自分の中のコウタ像が出来上がっていき、撮影が始まってからは楽しもう、その世界の中で暴れまわってやろうという気持ちで演じることができました」

 

―峯田さんは、優しい眼差しでコウタを見守るラーメン屋さんの役でしたが、現場の雰囲気はいかがでしたでしょうか?

峯田「僕の出演シーンは1日で撮他のですが、その日は雨が降っていたし、田口トモロヲさん、みうらじゅんさん、石橋静河さんもいたので、大変だったよね」

古舘「そうですね。僕もあの日が一番緊張しました。3人がどんどんアドリブを始めるので、笑いをこらえながら自分のセリフを言わないといけなくて」

 

 ソロカット1

 

―主題歌「いちごの唄」にはどんな想いを込められているのでしょうか?

峯田「二つあるのですが、まず一つ目は脚本と原作を書いてくれた、岡田惠和さんへの僕からの恩返しです。彼にはドラマなどで3年前からすごくお世話になっていまして。もう一つは、古舘さんと石橋さんの二人に寄り添った歌でもあり、二人とは違う世界線でも大丈夫な曲にしたいという想いです」

 

―そろそろ終わりのお時間が迫ってきました。

峯田「もう、僕の出番終わりですか!?あっという間でしたね。せっかく名古屋に来たので味噌煮込みうどんが食べたいですね。ひつまぶしもいいな」

古舘「僕たちこの後京都へ移動ですよ」

峯田「駅に味噌煮込みうどん屋さんあるじゃないですか。僕、本当に名古屋めしが大好きなんですよ」

 

―名残惜しいですが最後に一言願いします。

古舘「本作は、今、走り出したばかりです。みなさんと一緒にどんどん走り抜けていきたいと思いますので、よろしくお願いします」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『いちごの唄』

 〈STORY〉

恋をした。七夕、親友の命日にだけ会える、僕たちの“女神”に。

コウタは不器用だけど優しい心を持つ青年。たったひとりの親友・伸二は、中学生の頃2人が“天の川の女神”と崇めていたクラスメイトの千日を交通事故から守り亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日は偶然高円寺で再会する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日・・・また。」毎年ふたりは七夕に会い、環七通りを散歩する。しかしある年、千日は伸二との過去の秘密を語り「もう会うのは終わりにしよう」と告げる・・・。

 

出演:古舘佑太郎 岩橋静河

   和久井映見 光石 研 小林喜日 大西利空

   蒔田彩珠 泉澤祐希 恒松祐里 吉村界人 岸井ゆきの

   峯田和伸 宮本信子

監督:菅原伸太郎

脚本:岡田惠和

音楽:世武裕子 銀杏BOYZ

主題歌:銀杏BOYZ「いちごの唄」

配給:ファントム・フイルム

 

映画『いちごの唄』はミッドランドスクエア シネマ他で絶賛公開中!

本作を鑑賞した人だけが手に入れられる、の銀杏BOYZ書き下ろし主題歌「いちごの唄」劇場限定CD発売中!詳しくはこちらから

 


PR
2019.7.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする
  • facebook
  • twitter
  • instagram

フライング・ポストマン・プレス HOME