エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 名古屋版

2019/04/26

絶賛公開中!映画『愛がなんだ』岸井ゆきのと今泉力哉監督が語る、テルコというキャラクター像と追いケチャップ

候補1 IMG_7335

 

直木賞作家・角田光代が2003年に発表した「愛がなんだ」。全力疾走で一方通行の恋を駆け抜けるテルコの日々を一人称の濃密な筆致で綴った本作が、舞台を現代に移して映画化された。

 

タフで繊細なヒロイン・テルコを演じる岸井ゆきのと今泉力哉監督が本作について語ってくれた。

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

―本作は角田光代さんの同名小説が原作ですが、原作を読まれた感想はいかがでしたか?

今泉監督「普段、あまり小説を読まない人間なので、映画化のお話をいただいてから、原作を読ませていただきました。第一印象はすごく面白いけれど、映画化するのはとても難しい作品だなと。原作には小説にしかない面白さがたくさんあるんです。ヒロインのテルコも一つ間違うと、ものすごく痛い女性になってしまいそうでしたが、岸井さんに演じていただいたことで、そういった不安は解消されました」

 

―テルコ役は岸井さんだからこそ演じられた気がします。

今泉監督「テルコ役には様々な方の名前が挙がっていたのですが、岸井さんの名前が出たときに、幼さや若さが出ないようであれば、ぜひ岸井さんに演じてもらいたいと思いました。20代前半の恋に見えてしまうと、そんなこともあるよねと思われてしまい、原作の良さがなくなってしまう。そこだけ気をつけてもらいましたが、岸井さんでなければ他に誰が演じられたのだろうという感じですよね」

 

―岸井さんからみたテルコの印象は?

岸井「原作を読んで、テルコの選択は全て私と逆だなと思いました。私は人を好きになってもなりふり構わなくなったり、仕事を辞めたりしないだろうし。でも、現場に入って演じているうちに、テルコの行動の動機が理解できるようになりました。なので、もしかしたら私もテルコにとってのマモちゃん(成田凌)のような人に出会ったら、彼女のようになってしまうのかもしれません。私だけじゃなくて、みんなにもそういう可能性はあるんじゃないでしょうか」

今泉監督「電撃引退なんてやめてくださいよ。急に連絡取れなくなったぞ、みたいな(笑)」

岸井「(笑)。そうなったら、私にとってのマモちゃんに出会ったということですね」

 

―演出についてこだわられた部分はありますか?

今泉監督「距離感は大切にしています。人が人に触れるってかなり大きなことだと思うんですよ。テルコも自分から積極的に触ったりしないように演じてもらっています。他には、美術や音楽の温度感が高くなりすぎないようにしたり、カメラを固定して撮影する手法を使っているシーンが多かったりと、なるべく俯瞰して観られるようにしています」

 

―SNSでマモちゃんの追いケチャップが話題になっていますが、作中で実際にあったら嬉しいなというシチュエーションはありますか?

岸井「どちらかというと私なら恥ずかしいなというシチュエーションが多かったです。追いケチャップも実際にされたらどうしていいのかわからなくなっちゃいますね(笑)」

 

―追いケチャップは監督の演出ですか?

今泉監督「いやいや、僕はあんなこと思いつきもしないです。肩越しにつまみ食いをするというのは僕の指示ですが、そのあとは成田凌くんのアドリブです。向かい合ってのシャンプーは僕の演出ですけど」

岸井「現場にいくまでは、まさか向かい合ってシャンプーするとは思ってもいなかったので、驚きました」

今泉監督「以前『午前3時の無法地帯』というドラマで、会社の給湯室で向かい合わせでシャンプーをするシーンを撮ったら話題になったんです。流行ったシーンやセリフはガンガン使い回します(笑)」

 

―名古屋にいらっしゃったのは久しぶりだとか。

岸井「そうですね。いつも名古屋に来るときは時間がなくて。今日も本当はモーニングを食べに行きたかったのですが、ホテルで済ませてしまいました。次こそはモーニングに行きたいです。今日のお昼にはひつまぶしを食べたのですが、すごく美味しかったです」

今泉監督「僕は大学時代、名古屋に住んでいたので、降り立つとノスタルジックな気分になります。東北出身なので、初めは料理の味の濃さに衝撃だったのですが、今は赤味噌文化も美味しく感じます」

岸井「私も昨日味噌カツを食べて、その濃さに驚きました。でもその濃さが美味しいですよね。」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

【STORY】

猫背でひょろひょろのマモルに出会い、恋に落ちたテルコ。その時から、テルコの時間はマモル一色に染まり始める。 会社の電話はとらないのに、マモルからの着信には秒速で対応、呼び出されると残業もせずにさっさと退社。友達の助言も聞き流し、どこにいようと電話一本で駆け付け(あくまでさりげなく)、平日デートに誘われれば余裕で会社をぶっちぎり、クビ寸前。大好きだし、超幸せ。だけど、マモルはテルコのことが好きじゃない…。

 

愛がなんだ

出演:岸井ゆきの 成田凌

深川麻衣 若葉達也 穂志もえか 中島歩

片岡礼子 筒井真理子/江口のりこ

原作:角田光代「愛がなんだ」(角川文庫刊)

監督:今泉力哉

配給:エレファントハウス

 

映画『愛がなんだ』は絶賛公開中!

 

 


PR
2019.5.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする
  • facebook
  • twitter
  • instagram

フライング・ポストマン・プレス HOME