エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 名古屋版

2018/12/17

映画製作のプロが語る!「映画座談会」が開催決定!!

座談会ロゴ_装飾

スクリーンショット 2018-12-17 21.22.28

(左から、武正晴監督、内田英治監督、森谷雄プロデューサー)

 

 

伏見ミリオン座2019年4月移転・新館オープン記念イベント、映画製作のプロが語る!「映画座談会」が12月26日(水)伏見ミリオン座にて開催!

 

 

伏見ミリオン座で過去に作品を上映した、愛知県出身の武正晴監督、内田英治監督と森谷雄プロデューサーをゲストにお招きし、映画製作のプロが語るティーチインイベント。司会は名古屋の映画イベントでお馴染、映画パーソナリティ・松岡ひとみさんが務める。そして本イベントの入場券は伏見ミリオン座にて利用できる映画無料観賞券付き。公開を控えた新作や、映画製作の裏話などじっくり聞けるチャンス。さらに、ティーチイン終了後にサイン会も。この機会にぜひ、劇場へ足を運んでみてはいかが。

 

 

 【イベント情報】

映画製作のプロが語る!「映画座談会」

開催日時: 12 月 26 日(水) 19:00~ (1 時間程度を予定)

実施劇場:伏見ミリオン座 ミリオン 1(168 席) 名古屋市中区栄 1-4-16/TEL:052-212-2437

登壇ゲスト: 武正晴監督、内田英治監督、森谷雄プロデューサー

司会:松岡ひとみ(映画パーソナリティ)

料金(税込):スターキャット直営館の映画観賞券(1 回)付き入場券 シネクラブ会員:1,500 円 / 一般入場:2,000 円

<注意事項> 

※登壇者は予告なしに変更をする場合がございます。あらかじめご了承願います。

※スターキャット直営映 画館の招待券はご利用いただけません。

※前売券の残数があった場合のみ当日券(2,000 円)を販売します。

 

 

【登壇者情報】

武正晴監督

明治大学文学部卒業。在学中に映画研究会に所属し自主映画を制作。卒業後、助監督として工藤栄一をはじめ、崔洋一、石井隆、西川美和、李相日、中島哲也、井筒和幸らの作品に参加。その後、監督作『百円の恋』(14)で数々の映画賞を総なめし話題を集め、大きな反響を呼んだ。新作は来春公開の『きばいやんせ!私』(2019 年伏見ミリオン座にて公開予定)。日本映画界で今最も活躍し、新作が注目される映画監督。

 

内田英治監督

週刊プレイボーイ記者を経て 99 年「教習所物語」(TBS)で脚本家デビュー。『下衆の愛』(16)はテアトル新宿でスマッシュヒットを記録。東京国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭(オランダ)をはじめ、世界 30 以上の映画祭にて上映。中村明日美子の問題作を実写化し、BOYS AND MENの田中俊介が出演する『ダブ ルミンツ』(17)を上映。新作は豊橋出身の俳優・平田満を主演に迎え、オール豊橋ロケの短編映画『家族マニュアル』(19)が控えている。

 

森谷雄プロデューサー

株式会社アットムービー代表取締役。日本大学芸術学部映画学科卒業後、テレビドラマの世界へ。プロデューサーとして、「ザ・クイズショウ」シリーズ(‘08・‘09/日本テレ ビ)、「みんな!エスパ ーだよ!」(‘13/テレビ東京)、などのドラマを手掛ける。映画の主なプロデュース作品は『ロッカーズROCKERS』(‘03/陣内孝則監督)を皮切りに、『しあわせのパン』(‘12/三島有紀子監督)、2019 年 1 月 25 日(金)伏見ミリオン座にて公開『そらのレストラン』(深川栄洋監督)の公開が控え ている。

 

松岡ひとみ(映画パーソナリティ)

レポーター、テレビタレントを経て、2003 年から映画の試写会、完成披露試写会、記者会見の司会を担当。現在は、シネマインタビュアーとして年間100本以上の取材、様々な監督との交流も深く、舞台挨拶の司会、映画祭の主催、PR、出演者のキャスティングとしても活動中。

 


PR
2019.3.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする
  • facebook
  • twitter
  • instagram

フライング・ポストマン・プレス HOME