エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 名古屋版

2018/12/17

【プレゼント】映画『それだけが、僕の世界』ムビチケカードを2名様にプレゼント!

soreboku main

ⓒ2018 CJ E&M CORPORATION, JK Film ALL RIGHTS RESERVED

 
 
 
 
 
『国際市場で逢いましょう』
『あの日、兄貴が灯した光』を超える、
家族の絆を描いた感動叙事詩。
 
 
 
 
主人公・ジョハを演じるのは、作品ごとに全く違う顔を見せ続けてきたイ・ビョンホン。本作ではスターオーラを封印、不器用ゆえに愛おしい魅力あふれるキャラクターを演じる。弟のサヴァン症候群で、天才的なピアノの才能を持つという難役に挑んだのは、韓国映画界が最も熱い視線を注ぐパク・ジョンミン。『空と風と星の詩人~尹東柱(ユン・ドンジュ)の生涯~』などで、徹底した役作りには定評があり、今回も撮影3か月前からピアノを猛特訓し高度なクラシック曲の数々を、吹き替えなしで演奏している。母親には、実力派女優ユン・ヨジョン。『ハウスメイド』など映画はもちろん、最近では韓国のバラエティ番組「ユン食堂」で人気を博す。その華奢な体には背負いきれないような重い過去を持ちながら、17年振りに再会したもう1人の息子にも弟同様に惜しみない愛を注ごうとする母親の姿は、涙なくしては見られない。
 
 
 
 
【STORY】
かつてアジアチャンピオンにまでのぼり詰めたが、40を過ぎたいまは見る影もなく落ちぶれ、その日暮らしをしているボクサーのジョハ。少年の頃、母は家を出ていき父は刑務所に入り、孤独の中で自分の拳だけを頼りに生きてきた彼は、ある日数十年ぶりに母と再会。そしてサヴァン症候群を患う弟ジンテの存在を初めて知る。母の家に転がり込んだチョハは、母の不在の間、天才的なピアノの腕を持つジンテが著名なコンテストに出られるように世話をして欲しいという母の願いを聞き、弟の面倒を見始めるのだが…。
 
 
 
【映画情報】
映画『それだけが、僕の世界
出演:イ・ビョンホン、パク・ジョンミン、ユン・ヨジョン
監督:チェ・ソンヒョン
配給:ツイン
 
 
 
 
映画『それだけが、僕の世界』は、
12月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他で
全国ロードショー!
 
 
 
 
映画の公開を記念して、ムビチケカードを2名様にプレゼント!
応募はこちらから
12/24(月・祝)〆切

PR
2018.12.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする
  • facebook
  • twitter
  • instagram

フライング・ポストマン・プレス HOME