エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 名古屋版

2018/04/13

4月28日(土)より名演小劇場にて開催!「華麗なるフランス映画祭」特別鑑賞券を2組4名様にプレゼント!

FRANCE_sub6_TAIYOWAHITORI

(C)KADOKAWA1959

 

 

ドロン!ドヌーヴ!モロー!ベルモンド!

 

 4/28(土)〜5/11(金)の2週間、名演小劇場で「華麗なるフランス映画祭」が開催される。

時を超えて今なお愛される、普及の名作を一挙上映。名優たちの魅力が凝縮された、フランス映画のバイブルというべき珠玉の作品群がスクリーンに甦る。フランスが世界に誇るトップスターたちの、画面から香り立つような美しさに、きっと目が離せなくなるに違いない。

 

 

『太陽はひとりぼっち』

都会に生きる男女の儚い恋愛感情と虚無感。ドロンがローマの現代っ子に扮する

 

【STORY】

理由がわからないまま婚約者と別れ、退屈を感じていたヴィットリオ、証券取引所に勤めるピエロと新しい恋を始める。二人、抱き合い、愛言葉を交わし、次デートの約束をして別れるが・・・。アントニオーニ監督『愛の不毛』三部作最後を飾る作品。

 

【映画情報】

監督:ミケランジェロ・アントニオーニ

脚本:ミケランジェロ・アントニオーニ、トニーノ・グエッラ、エリオ・パルトリーニ

撮影:ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ

音楽:ジョヴァンニ・フスコ

主演:アラン・ドロン、モニカ・ヴィッティ

(1962年/イタリア・フランス/モノクロ/126分 /ビスタ) 

 

 

 

『昼顔(4Kレストア版)』 

昼は娼婦、夜は貞淑な妻。欲望にとらわれた若妻が現実と妄想の間を行き来する気品と色気を両立させた、ドヌーヴの完璧な美しさとモードな着こなしは必見! 

 

【STORY】

医者の妻として何不自由ない生活を送っていたセヴリーヌ、友人から聞いたパリに現存する娼館を好奇心から訪ね、昼顔という偽名で働き始める。封印していた性を解放することで、夫へ愛情が深まったように思えたが・・・。23歳にして女性が持つ二面性を好演し、ドヌーヴの女優開眼のきっかけとなった本作、ヴェネツィア映画祭金獅子賞を受賞。衣装は無名時代のイヴ・サンローランが手がけた。

 

【映画情報】

監督:ルイス・ブニュエル

原作:ジョゼフ・ケッセル

脚本:ジャン=クロード・カリエール、ルイス・ブニュエル

撮影:サッシャ・ヴィエルニ

主演:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジャン・ソレル、ミシェル・ピコリ

(1967年/イタリア・フランス/カラー/101分 /ビスタ) 

 

 

 

『哀しみのトリスターナ』

無垢な美少女が冷酷な悪女へ。愛を知った女性が豹変する様をドヌーヴが怪演 

 

【STORY】

16歳で両親を失ったトリスターナは、老貴族ドン・ロペの養女となる。男女関係を迫られても、ロペの言いなりだったトリスターナ。やがて若い画家と出会い、恋に目覚めた彼女は、ロペへの憎しみを募らせる。『昼顔』と同じルイス・ブニュエル監督作。 

 

【映画情報】

監督:ルイス・ブニュエル

原作:ベニート・ペレス・ガルドス

脚本:ルイス・ブニュエル、フリオ・アレハンドロ

撮影:ホセ・F・アグアーヨ

音楽:クロード・デュラン

主演:カトリーヌ・ドヌーヴ、フェルナンド・レイ、フラ ンコ・ネロ

(1970年/フランス・イタリア・スペイン/カラー /100分/ビスタ)

 

 

 

『突然炎のごとく』

男二人と女一人の三角関係。モローの小悪魔的魅力が炸裂する恋愛映画の金字塔 

 

【STORY】

ジュールとジムは、パリで出会い意気投合し親友になる。知り合ったカトリーヌに二人とも夢中になるが、自由気ままな彼女に翻弄され・・・。三人の長きにわたる恋愛模様を綴ったトリュフォー屈指の傑作で、モローは奔放で破壊的なファムファタルを演じる。

 

【映画情報】

監督:フランソワ・トリュフォー

原作:アンリ=ピエール・ロシェ

脚本:フランソワ・トリュフォー、ジャン・グリュオー

撮影:ラウル・クタール

音楽:ジョルジュ・ドルリュー

主演:ジャンヌ・モロー、オスカー・ウェルナー、アンリ・セール 

(1961年/フランス/モノクロ/107分/スコー プ)

 

 

 

『エヴァの匂い』

お金しか愛せない謎の美女が、幸せな男を破滅へ導く。モローが冷徹な魔性の女に 

 

【STORY】

元坑夫の新進作家タイヴィアンは、美人女優との結婚を控えていながら、ヴェネツィア社交界の花形エヴァの虜になる。男たちを手玉に取る女だと知っても、彼はエヴァの妖しい魅力に溺れていく。エヴァが聴くビリー・ホリデイの曲”Willow Weep For Me”が印象的。

 

【映画情報】

監督:ジョセフ・ロージー

原作:ジェームズ・ハドリー・チェイス

脚本:ヒューゴ・バトラー、エヴァン・ジョーンズ

撮影:ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ

音楽:ミシェル・ルグラン

主演:ジャンヌ・モロー、スタンリー・ベイカー、ヴィルナ・リージ

(1962年/フランス・イタリア/モノクロ/110分 /ビスタ) 

 

 

 

『ダンケルク(4Kレストア版)』

母国に取り残されたフランス兵の愛と悲劇。ベルモンド主演のフランス版戦争大作 

 

 【STORY】

第二次大戦中、独軍の侵略により、フランスの港町ダンケルクは、英仏連合軍40万人の兵士が追い込まれていた。撤退を試みる英軍艦船に便乗できなかった仏兵ジュリアンは、現地に暮らす少女ジャンヌと親しくなる。陸海軍全面協力による戦闘シーンは圧巻!

 

 【映画情報】

監督:アンリ・ヴェルヌイユ

原作:ロベール・メルル

脚本:フランソワ・ボワイエ、ロベール・メルル

撮影:アンリ・ドカ

音楽:モーリス・ジャール

主演:ジャン=ポール・ベルモンド、カトリーヌ・ス パーク

(1964年/フランス・イタリア/カラー/124分 /スコープ) 

 

 

上映時間など詳しい情報はこちらから

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

「華麗なるフランス映画祭」の特別鑑賞券を2組4名様にプレゼント!

応募はこちらから

締め切りは4月22日(日)まで

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

「華麗なるフランス映画祭」

開催期間:4月28日(土)〜5月11日(金)

開催場所:名演小劇場

 


PR
2018.7.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする

フライング・ポストマン・プレス HOME