エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 名古屋版

2018/01/15

2月16日(金)公開!映画『リバーズ・エッジ』の映画オリジナルトートを3名様にプレゼント!

メイン_DSC4549

 ©2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島

 

 

欲望と不安の中で生きる若者の青春を描く

岡崎京子の衝撃作、ついに映画化!
 
 
 
繰り返されるリアルなセックスと暴力、日常を生きることの違和感といった、若者たちの心の揺らぎを描いてきた岡崎京子。 雑誌「CUTiE」で1993〜94年にかけて連載された彼女の代表作「リバーズ・エッジ」は、 若者たちのどうしようもない欲望と孤独や生きることにもがく姿を鮮烈に描き出し、今なお青春漫画の金字塔として時代、世代を超えて熱狂的な支持を集める。
 
その伝説的名作の発表から20年以上の時を経てついに、豪華キャスト&スタッフのもとに映画化される。
 
閉ざされた学校の淀んだ日常の中で、それぞれが爆発寸前の何かを膨らませている。 不器用に生きる“あなた”だったかもしれない若者たちを浮き彫りにしながら、 大胆に加速していく物語をぜひ楽しんで。
 
 

【STORY】

若草ハルナ(二階堂ふみ)は、彼氏の観音崎(上杉柊平)が苛める山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ放置された<死体>を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は決して恋愛には発展しない特異な友情で結ばれていく。

ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そんな山田に過激な愛情を募らせるカンナ(森川葵)、暴力の衝動を押さえられない観音崎、大量の食糧を口にしては吐くこずえ、観音崎と体の関係を重ねるハルナの友人ルミ(土居志央梨)。

閉ざされた学校の淀んだ日常の中で、それぞれが爆発寸前の何かを膨らませていた。そうした彼らの愛憎や孤独に巻き込まれ、強くあろうとするハルナもまた、何物にも執着が持てない空虚さを抱えていた。そんなある日、ハルナは新しい死体を見つけたという報せを、山田から受ける…。

 

【映画情報】

映画『リバーズ・エッジ』(R15+)

出 演:二階堂ふみ 吉沢亮

上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨  森川葵

監 督:行定勲『GO』『パレード』『ナラタージュ』      

原 作:岡崎京子(「リバーズ・エッジ」宝島社)

配 給:キノフィルムズ

公式サイト:http://movie-riversedge.jp

 2018年2月16日(金)TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、ミッドランドスクエアシネマ 他にて全国公開

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画『リバーズ・エッジ』の映画オリジナルトートを3名様にプレゼント!

黒トート完成イメージ(表裏記載)

【応募詳細】

 ■応募方法:

 住所・氏名・年齢・性別・職業・FPPの感想を記入して、件名に「リバーズ・エッジプレゼント係」と明記の上、

present-n@flying-postman.comにお送りください。

※2月20日(火)締切

※応募はお一人様一通とさせていただきます。それ以上のご応募があった場合無効といたしますので、ご了承ください。


PR
2018.5.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする

フライング・ポストマン・プレス HOME