「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」で映画初出演!ソナーポケットko-daiが名古屋で舞台挨拶に登壇

2020.2.13

誰もが予想しなかった結末に日本中が震撼した“あの”衝撃のSNSミステリー映画の続編「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」が2月21日(金)に公開される。
本作でサイバーセキュリティ対策課の捜査官・野崎隼人を演じるソナーポケットのko-daiが先日109シネマズ名古屋で行われた舞台挨拶に登壇。

―まずは本作に出演することになった経緯を教えてください。
「プロデューサーから捜査官役で出演しないかとオファーをいただきました。はじめは自分と捜査官という役がなかなか結びつかなかったのですが、せっかくいただいた役なので、しっかりと演じ切りたくて、田中圭くんにレッスンをしてもらいました。焼肉を奢るから演技を教えて、と」
―田中さんにはどんなことをおそわったのですか?
「息の使い方ですね。息を吸ってからセリフを言うのか、それとも息を吐いてからセリフ言うのか。それだけで全く印象が変わるんです。それが活かされているのが、野崎が電話に出るシーンなので、ぜひ注目して観てください。ちなみにこれは日常生活の中でも使える技だと思いますよ。怒られたりしたときは、息を吸ってから謝ったほうが効果的です(笑)」
―野崎は普段のko-daiさんとはイメージが違うキャラクターですが、役作りのためにどんなことを行いましたか?
「一流の役者さんたちとお話ししていると、台本に書いてある文字だけじゃなくて、その裏側に隠されている性格や生き方まで読み込んでいるなと感じます。なので、僕も野崎がなぜサイバーセキュリティ課で働いているのか、このシーンでは何を思っているのかなどを自分の中で作り上げるようにしました」
―作中では千葉雄大さんや飯尾和樹さんと一緒のシーンがたくさんありましたね。
「千葉くんは寡黙な役柄なので、台本とずっとにらめっこしていたんです。そこに僕はススーっとすり寄っていき、好きな食べ物はありますか?っと。和食、特にお寿司だそうです。そんな感じで徐々に心を開いていって、よく話すようになりました。飯尾さんはアドリブで笑わせようとしてくるんですよ(笑)。演技中は笑わないように集中していました」
―ドラマに続き、本作で映画にも役者としてご出演されましたが、今後も演技のお仕事は続けていかれるのですか?
「続けていきたいですね。もともと映画が好きで、2015年からはプライベートで演技のレッスンを受けていて。今回ようやく映画に出ることができました。演じることは楽しいですし、作る側も気になっています」
―本作の楽しみ方や見どころを教えてください。
「ドキドキする怖さのある映画なので、好きな人と観ていただくと、吊り橋効果が期待できるかもしれません(笑)。でも、ただ怖いだけではなくて、たくさんの人間ドラマが描かれた作品でもあります。特に主人公の加賀谷が苦悩したり葛藤しながら成長していく姿はとても魅力的ですし、一番の見どころだと思います」

【STORY】

長い黒髪の女性ばかりを狙った、連続殺人事件。事件を追っていた刑事の加賀谷(千葉雄大)が、連続殺人鬼の浦野(成田凌)を捕まえて事件は幕を閉じた。と、誰もが思っていた―。
犯人を捕まえたにも関わらず、同じ殺人現場から次々と発見される、若い女性の遺体。捜査が混迷を極める中、加賀谷は最後の手段として、囚われの殺人鬼·浦野への面会を申し込む。
浦野は、かつて自分にネット犯罪の全てを教えた、謎の人物「M」の存在を明かし、自分ならMに近づくことができると加賀谷にささやく。仕方なく浦野と手を組むことにした加賀谷だったが、やがて事件は誰もが予想しない急展開を見せる。

ただ、スマホを落としただけなのに……。

「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」

キャスト
千葉雄大 白石麻衣
鈴木拡樹 / 音尾琢真 江口のりこ
奈緒 飯尾和樹(ずん) 高橋ユウ
ko-dai(Sonar Pocket)
平子祐希(アルコ&ピース) 谷川りさこ
アキラ100%・今田美桜(友情出演) / 田中哲司
北川景子(特別出演) 田中 圭(特別出演)
原田泰造(特別出演) / 成田 凌 / 井浦 新
原作
志駕 晃「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(宝島社文庫)
監督
中田秀夫
脚本
大石哲也
主題歌
King Gnu「どろん」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
配給
東宝

映画公式サイト:http://sumaho-otoshita.jp

2月21日(金)より全国東宝系にて公開

FLYING POSTMAN PRESS HOME