エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

2014/03/10

昔ながらの町並み、人と人との繋がり、ゆったりとした時間。古き良き日本を見つめたドキュメンタリー映画『まちや紳士録』が全国順次公開中

1メイン

 

町屋、或いは町家。今、この様式の建物をどれだけ見ることができるだろう。日本では高度経済成長期以来、効率優先のスクラップ・アンド・ビルドの思想のもとで多くの伝統的な町並みが破壊されてきた。そんな中でも、辛うじて古き良き時代のまま残った町並み保存地区である福岡県八女市八女福島地区。この地に引っ越してきた監督・伊藤有紀とその妻が、同地区の人々や町の姿を捉えたドキュメンタリー映画『まちや紳士録』が公開中。

 

フリーの映像ディレクターだった伊藤監督は、旅番組のロケをきっかけにこの地域を初めて訪れたという。味わい深い白壁の古い建物や、人情味ある住人たちの虜となった監督は、この地へ移住することを決意。実際に住んだからこそ見えてきた、空き町家の再活用に取り組む町の人々努力や苦難、そして建築の伝統技術を次世代へと伝えようとする強い想いを、真摯な眼差しで端正に切り取っていく。

 

3サブ2

 

 

今の日本から失われつつあるさまざまな豊かさを見つめ直し、“命を繋ぐ営み”を記録した本作。

日本中の人々の心を揺るがした東日本大震災から3年が経とうとしている。

“本当に豊かに生きるとは、どういうことなのか”。映画を観てそんなふうに自身の心に問いかける。そんな豊かな春の日を過ごしたい。

 

 

『まちや紳士録』

’13年/日/88分

http://www.yame-machiya.info/

2サブ1

 

監督・語り・撮影・編集:伊藤有紀

※3/1(土)より東京 シアター・イメージフォーラム、大阪第七藝術劇場ほか全国順次公開中


PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。