エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

2012/10/27

大ヒットへ向け“加速装置”! 映画『009 RE:CYBORG』初日舞台挨拶開催






















『攻殻機動隊S.A.C.』シリーズや『東のエデン』シリーズを手掛けた神山健治監督最新アニメーション映画『009 RE:CYBORG』が10/27(土)、ついに公開! 公開を記念し、新宿バルト9にて舞台挨拶が行われた。

 

“009シリーズ”と言えば、001から009までの“ゼロゼロナンバーサイボーグと呼ばれる9人のサイボーグたち。この日は神山健治監督の他、この9人のサイボーグを演じた宮野真守(009役)、小野大輔(002役)、斎藤千和(003役)、大川透(004役)、丹沢晃之(005役)、増岡太郎(006役)、吉野裕行(007役)、杉山紀彰(008役)、玉川砂記子(001役)ら、人気声優陣が初めて集結するとあって、会場には多くの観客が詰めかけた。


ファンの黄色い声援とあたたかい拍手の中、迎えられた神山監督&声優陣。「3年かけてスタッフ、キャストみんなで作り上げた映画をこうして無事公開できることを誇りに思う」と監督が語ると、会場から、そしてステージ上の声優陣からも大きな拍手が。その後、物語の主人公009島村ジョーを演じた宮野が「加速装置!」と劇中の決めゼリフを放つと、会場は大盛り上がり! 続く声優陣の遊び心溢れる“決めゼリフ付き自己紹介”に、観客からは興奮の声とあたたかい笑い声が同時に沸き起こった。




「本当に素晴らしい作品になっていると思います。自信を持ってお見せできる」(神山健治監督)

「新しいジョーとして映画の中で躍動できるよう、魂を注ぎこみました」(009役/宮野真守)

「“彼の声”が何なのか? きっとその答えはみなさん一人ひとりの中にあるものだと思います」(002役/小野大輔)

「新しい歴史を目撃してください」(003役/斎藤千和)

 


 




(C)2012「009 RE:CYBORG』製作委員会

 



終始和やかなムードの中、力強い言葉で作品に対する自信を覗かせた登壇者たち。石森章太郎が手掛けた不朽の名作『009サイボーグ』が、現代のアニメーション界を背負って立つ神山健治監督の手によってどう蘇るのか!? その新たな歴史の1ページを劇場で目撃したい。

 


 


『009 RE:CYBORG』

www.ph9.jp

’12年/日本/103分  

脚本・監督:神山健治 

原作:石森章太郎『サイボーグ009』

共同制作:Production I.G/サンジゲン

※10/27(土)より全国公開


PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。