エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

2012/06/27

【映画紹介】まばゆい光に包まれた『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』


『パリ・オペラ座のすべて』をはじめ、数多くのドキュメンタリー作品を手掛け、“現在の最も偉大なドキュメンタリー作家”と称される、フレデリック・ワイズマン。そんな彼が次に手掛けた作品は、1951年の設立以来、パリで最も有名で前衛的なエンターテインメント・ショー「クレイジーホース」のリアルな舞台裏だ。

U2、カニエ・ウエスト、ビヨンセ、ジャン=ポール・ゴルチェなど、そうそうたる世界中のセレブたちを熱狂させてきた「クレイジーホース」。緻密に計算し尽くされた光と影、鏡を巧みに使用した上品でユニークな演出、ライティングの妙など、ため息が出るほどにきらびやかで美しいステージを魅せる。

本作ではそんなステージの裏で、自己管理を徹底しているダンサーたち、伝統あるハコのプライドとベースは守りつつ、進化と挑戦に苦悩する演出&振付師のフィリップ・ドゥクフレ、より女性的な美しいラインを作るために心を砕くスタイリストのフィフィ・シャシュニルの姿などが生々しく描かれている。

 ワイズマン曰く、「ダンサーの肉体は、本当に美しい。もしもこれが美しいと認識でいないとしたら、それは視覚障害がある」。その言葉通り、スクリーンに映し出される女性たちの肉体は艶やかに光り輝き、言葉よりも雄弁に女性の魅力を物語っている。男性はもちろんだが、“ただ細くなりたい!”と躍起になっている多くの女性に観て欲しい本作。女性に生まれたことを幸せに感じ、自分の体がより愛おしくなるはずだ。


【STORY】 パリで最も有名で前衛的なショーを毎夜開催している「クレイジーホース」。世界各国の名だたるセレブを虜にしてきたショーの裏では、それぞれのプロフェショナルたちの壮絶な苦悩と努力が重ねられていて…。













『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』 

‘11/仏・米/134分       R-15+

監督:フレデリック・ワイズマン  

出演:フィリップ・ドゥクフレ、クレイジーホースダンサーたち 他

※  6/30(土)よりBunkamuraル・シネマ、他にて全国順次公開

http://crazyhorse-movie.jp/


© 2011 – IDÉALE AUDIENCE – ZIPPORAH FILMS, INC.TOUS DROITS RÉSERVÉS – ALL RIGHTS RESERVED


PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。