エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

2011/11/11

【映画紹介】『ラブ&ドラッグ』

【STORY】

医学部を中退した落ちこぼれのジェイミー(ジェイク・ギレンホール)は、その巧みな話術とノリのよさだけでうまく世間を渡り歩いてきた。ある日、女癖の悪さから問題を起こし、仕事を解雇された彼は、製薬会社に転職することになる。その営業先の病院で、パーキンソン病のマギー(アン・ハサウェイ)と出会い、意気投合したふたりはすぐにベッドイン。お互いの合意のもと、気楽な体だけの関係を始めるが…。



『ラストサムライ』、『ブラッド・ダイヤモンド』などで監督を務めたエドワード・ズウィックが、ジェイミー・レイディの本をもとに作り上げた本作。『ブロークバック・マウンテン』で仮面夫婦役を演じたジェイク・ギレンホールとアン・ハサウェイが、今作では一見奔放なようでいて実は恋愛に臆病なカップルを演じている。


気楽な関係のつもりが、生まれて初めて本気で人を愛していることに気が付くジェイミーと、病を患っていることから心を開けないでいるマギー。運命的な恋に落ちた若いふたりが、パーキンソン病という一生付き合い続ける病に、どう立ち向かって受け入れていくか、ウィットに富んだ会話を交えながらも丁寧に描いている。


ジェイク・ギレンホールが、バイアグラのセールスマンとしても成長していくプレイボーイをチャーミングに、アン・ハサウェイは病を発症しながらも前向きに生きる芸術家をクールさと人間くささを絶妙なバランスで表現。ふたりの息の合った演技によって、笑いと涙に彩られたロマンティック・ラブストーリーが誕生した。



【映画情報】

『ラブ&ドラッグ』

http://video.foxjapan.com/love-drugs/

’10年/米/113分 R-15+


監督:エドワード・ズウィック

原作:ジェイミー・レイディ『全米セールスNo1に輝いた<バイアグラ>セールスマン涙と笑いの奮闘記』

出演:ジェイク・ギレンホール、アン・ハサウェイ、オリバー・プラット、ハンク・アザリア、他



PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。