エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

2011/10/28

【映画紹介】『マネーボール』

<story>

ビリー・ビーン(ブラッド・ピット)は18歳で名門ニューヨーク・メッツに入団したが、高慢で短気な性格が災いし、チームを転々とした結果、わずか10年でプロ生活に終止符を打つ。その後、球団のスカウトマンに転身。弱小球団オークランド・アスレチックスにて、若きゼネラルマネージャーとなった。数年経っても弱小チームのままだったが、別のチームスタッフだった野球経験のないピーター・ブランド(ジョナ・ヒル)と生み出した「マネーボール理論」がビリーを、球団を変えていく…。



実在するオークランド・アスレチックスのゼネラルマネージャー、ビリー・ビーンの半生をブラッド・ピット主演で映画化。独自の「マネーボール理論」により、全米約30球団の中でも下から数えた方が早いと言われた弱小チームに勝利をもたらすようになる。データ統計を活用したこの経営理論は書籍化されており、ビジネスのバイブルとしても人気だ。


プライドが高く、人を顧みない性格のせいで挫折を味わい続けたビリーだが、ピーターと出会ったことや成功を収めていくにつれ、自分自身を見つめ直し、本当に大切なものが何かということに気付いていく。そんなビリーの変わりゆく様を、近年『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』や『ツリー・オブ・ライフ』などで成熟した演技を見せているブラッド・ピットが、丁寧に力強く演じる。ビリーの裏に見え隠れする優しさや弱さ、それを乗り越えてチームと共に成長する姿に観る者は共感し、勇気づけられるだろう。また、コミカルな演技に定評があるジョナ・ヒルが、ブランド役で見せたシリアスな演技にも注目したい。


本作は専門用語が飛び交う「マネーボール理論」をわかりやすく見せつつも、あくまでビリーの想いが未来を切り拓くサクセスストーリーとして描かれており、野球ファンのみならずとも楽しめる作品になっている。






『マネーボール』

http://www.moneyball.jp/

’11年/米/133分

監督:ベネット・ミラー

原作:マイケル・ルイス 『マネーボール』

出演:ブラッド・ピット、ジョナ・ヒル、ロビン・ライト、フィリップ・シーモア・ホフマン、クリス・プラット、他

※11/11(金)より全国公開



PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。