エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

2011/08/26

映画紹介『レイン・オブ・アサシン』

(C)2010, Lion Rock Productions Limited. All rights reserved.

【story】

手に入れることができれば武術界の覇権を握れるという言い伝えのある、達磨大師のミイラ化した遺体。

明朝時代の中国にて、暗殺組織・黒石がそのミイラを手に入れようと画策していたが、メンバーのひとり

であるシーユー(ケリー・リン)が土壇場で裏切り、ミイラの上半身のみを持ったまま逃走してしまう。


その後、シーユーは顔を変え、ザン・ジン(ミシェル・ヨー)と名のり、都の片隅でひっそりと暮らすことで

過去と決別する。しかし、黒石のメンバーたちは裏切り者のシーユーを探し回っていて…。



『レッドクリフ』などを手掛けた、アジアの巨匠ジョン・ウーが製作を手掛ける本作。台湾の気鋭監督スー・チャオピンの

脚本に惚れ込み、自らプロデューサーかつ共同監督として参加することを決めた作品だけあって、壮大なスケール感

と神秘に包まれた見ごたえのある物語となっている。


本作の見どころは最強の最強の暗殺組織・黒石のメンバーが入り乱れる壮絶なアクションシーン! 高速剣術から奇術

まで、それぞれのキャラクターが持つ技をワイヤーワークでスタイリッシュに演出している。


その見事な剣さばきとワイヤーアクションで魅せるのは、『グリーン・ディスティニー』(’00年)で世界的な評価を得たミシェ

ル・ヨー、『私の頭の中の消しゴム』(’05年)でブレイクしたチョン・ウソン他、豪華俳優陣。

どの登場人物も個性が際立ち魅力的ではあるが、注目したいのは、本作で本格的に女優デビューしたジョン・ウーの愛娘、

アンジェルス・ウー。シーユーの暗殺者として登場する彼女は、ジョン・ウー監督の次回作にも出演すると噂されている。

劇中で本格的なアクションを見事演じきった彼女が、今後どんな女優に成長するのか期待が膨らむ。





『レイン・オブ・アサシン』

http://www.reignassassins.com/

’10年/中国・香港・台湾/120分

製作・共同監督:ジョン・ウー

監督・脚本:スー・チャオピン

出演:ミシェル・ヨー、チョン・ウソン、ワン・シュエチー、バービー・スー、ショーン・ユー、他

※8/27(土)より全国公開




PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。