エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 関西版

2015/04/08

読売テレビ深夜の情報番組『ピーチ流!』がリニューアル! フリーに転身したばかりの川田裕美アナが新MCで登場!

ピーチ❤cafe 取材会 画像①

 

女性タレントやモデルなどで結成された番組内ユニット「ピーチーズ」が、街のトレンド探索や女子力アップなどさまざまな企画にチャレンジしてきた情報番組『ピーチ流!』。これまでの日曜深夜の時間帯から、4/11から土曜深夜に枠移動し、番組名も『すもももももも!「ピーチ❤CAFE」』と改め、フリーアナウンサーに転身したばかりの川田裕美を新しいMCに迎えてリニューアルする。放送時間も拡大し、やのぱん、イケメン男性タレントも加わり、ますますパワーアップ。リニューアル初回収録が4/2(木)、大阪市北区の放送芸術学院専門学校で行われ、新MCの川田アナと、ピーチーズの中村葵、川上愛、永井礼佳が、リニューアルに向けての意気込みなどを語った。

 

メインMCを務めるのは初めてとなる川田アナは「4月からフリーアナウンサーとして活動を始めましたが、またこのような形で読売テレビの番組に携われることができ、うれしく思っています」とあいさつ。番組ではカフェの店長という設定で登場し、ピーチーズのメンバーと恋愛などをテーマに女子トークを繰り広げた。「ありがたいことに、出身である読売テレビの番組ですし、皆さんが温かく迎え入れてくださったので、緊張することも、気負ってしまうこともなかったですね。一緒にやっているメンバーも関西出身の人が多く、とてもやりやすかったです。特にベテランのやのぱんさんと一緒にお仕事ができるのはすごく楽しみでした。収録も、やのぱんさんとアイコンタクトを取りながら話を進めていくということを初回からしっかりできたので、これからがもっと楽しみになりました。やのぱんさんと2人で、ピーチーズのみんなを楽しく盛り上げていけたら」と、初回収録に手ごたえを感じた様子。

 

一方、ピーチーズの中村葵は「『ピーチ流!』の初回放送から出演していて、今年で8年目です。憧れの川田さんと一緒に、いい番組を作っていきたいです。初回収録はとても楽しかったです!普段ピーチーズのメンバーはすごく仲がいいんですが、それが今日は出せたかな。番組でやりたいことは、アルバイト店員役のイケメン君(5/2放送分までは村川勁剛が演じる)と一緒にロケに出たいです!」とやる気いっぱい。

 

川上愛は「普段は東京に住んでいるのですが、出身は兵庫県です。この番組の収録で関西に帰って来られて、そのたびに実家にも寄れて…本当にやっていて楽しくて大好きな番組です。これからガンガン視聴率上げて(笑)どんどん盛り上げていきたい!今日の収録では恋愛トークがすごく盛り上がって、カメラがあるのを忘れるぐらい喋ってしまいました。川田さんややのぱんさん、イケメン君も巻き込んでロケにも出ていきたいです」と抱負を語った。

 

また、ピーチーズ最年少の永井礼佳は「まだまだ経験してないことがたくさんあって、こうしてレギュラーでスタジオに入るのも初めて。今日はすごく緊張で、のどが渇いてお茶ばかり飲んでいました(笑)。『ピーチ❤CAFE』ってみんな仲良くて本当にファミリーみたい。そんな中で今日は自分らしく話せてよかったです。これからも私の新しい一面を見せていけたら」と語り、「なかなかピーチーズ10人全員が集まることってないんですが、せっかくホームとなる“ピーチ❤CAFE”ができたことだし、全員が集まって何か企画をやってみたい」と提案も。これには川田アナが「見てくれている人と触れ合ったりもしてみたいね。“私たちのカフェにようこそ!”ってご招待するのも面白そう」とアイデアを出し、3人が「いいですね!本物の“一日カフェ”をやって、店員になっておもてなししたい!」と盛り上がる一幕も。

 

また、“これまで大先輩方と仕事をしてきて、何を学び、番組でどう生かしたいか?”と聞かれた川田アナは「皆さん、誰かが喋った時に、その人の答えの中から次の展開を引き出すということをされていた。それを隣で見ていて、いつか自分も実践してみたいと思っていました。ピーチーズは本当にいろんな個性を持っている人ばかり。今回メインMCとして、彼女たちのいい部分を私が少しでも見つけてあげて、引き出してあげるお手伝いができれば」と意気込みを。これまでとはまた違った川田アナの新たなMCぶりが見られそうだ。

 

※写真左より 中村葵(ピーチーズ)、川田裕美(フリーアナウンサー)、川上愛(ピーチーズ)、永井礼佳(ピーチーズ)

 

 

 

『すもももももも!「ピーチ❤CAFE」』

毎週土曜日深夜1時58分~(読売テレビ)

 

※4/11(土)よりリニューアル


 

 

 

 

 

 

 

 

 


PR
2017.11.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする

フライング・ポストマン・プレス HOME