エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 関西版

2018/10/22

【映画】「映画をご贔屓に!いっぱい拡散して!」―『音量を上げろタコ!』舞台挨拶に阿部サダヲ、吉岡里帆、三木聡監督が登壇

movie_report 

fpp_tako05

 ontako 

10月12日(金)より全国公開されている映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』の公開を記念して、10月21日(日)にTOHOシネマズなんばにて公開記念舞台挨拶付上映会が実施された。

会場から拍手が沸き起こる中、主演の阿部サダヲ、ヒロインの吉岡里帆、三木聡監督が登壇し、まず初めに阿部サダヲから「阿部サダヲです。よろしくお願い致します」と挨拶。MCから「かなりあっさりしていますね!」とつっこまれ、「このあといっぱい話したいので!」とファンへの優しさを見せた。

 

fpp_tako01

 

続けて吉岡里帆から「おはようございます。吉岡里帆です。よろしくお願いします」と役さながらの小声で挨拶し、会場からは笑いが。
三木監督は「映画を観ていただいてありがとうございます。よろしくお願い致します」と挨拶。

本作が三木組への初参加となったふたりにMCが三木組の印象を聞くと、阿部は「稽古やリハーサルを念入りにして作り込まれている。三木監督の世界ってこんな感じでできていくんだなと思いました」と回答。
吉岡は「今回ギターと歌を撮影前から練習していて、音楽を準備するのは新鮮だったし、楽しかったです」と準備期間を含め、撮影を振り返った。

 

fpp_tako02

 

MCより、三木監督に向けて映画を作るきっかけとなったことを問われると、「昔バンドをしていて、その時にロックバンドを題材とした映画を作りたいと思った。ロックを歌っている人の声が大きいのは、思いの強さだと知っておもしろいと思った」と自らの体験を交えて話してくれた。

 

fpp_tako03

 

観客からの質問コーナーでは、吉岡にセリフのリクエストが!
サウンドトラックのCDに収録されているセリフを言ってほしいということになり、質問者の名前を叫びながら、「勘違いは大事よ! 大抵の事は勘違いでできている。このまま終わりじゃ、もったいない!!」と全力でファンのリクエストに応えた。

阿部へは、「パートをがんばれと罵ってほしい」とリクエストがあり、戸惑いながらも全力で「パートがんばれタコ!」と罵り、会場は笑いに包まれた。その後も観客からのリクエストは続き、質問コーナーのはずがリクエストタイムに。

最後に吉岡が「大阪のみなさんのおかげで楽しい時間となりました。また帰ってきたいです!その時は質問してください!」と挨拶し、続いて阿部が「僕もパートとか大変な時期とかありましたけど、今こうやって主演として舞台に立っていて、ぜひ映画をご贔屓にしていただければ。今日いっぱい写真撮ったと思うのでSNSで拡散してください!」と挨拶、大盛り上がりの中、舞台挨拶は終了した。

 

fpp_tako04

 

‹Movie Information›

映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

 

YouTube Preview Image YouTube Preview Image

 

出演:阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大、麻生久美子、松尾スズキ、他
監督・脚本:三木聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ)
配給:アスミック・エース 
※TOHOシネマズ梅田ほかにて公開中

©2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

 

オフィシャルHP:http://onryoagero-tako.com/

 


PR
2018.10.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする
  • facebook
  • twitter
  • instagram

フライング・ポストマン・プレス HOME