エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 関西版

2018/07/02

【REPORT】映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の日本上陸を記念して、主演のクリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、フアン・アントニオ・バヨナ監督、コリン・トレボロウ製作総指揮の豪華4名がユニバーサル・スタジオ・ジャパンに勢揃い!

  JW_DayEvent

 

巨匠・スティーヴン・スピルバーグが映画史に偉大な足跡を残した『ジュラシック・パーク』シリーズ誕生25周年を迎える今年。全世界トータル興行収入16億7,000万ドルを突破し、世界的メガヒットを記録した『ジュラシック・ワールド』の続編として、最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日にいよいよ公開される。その日本上陸を記念したスペシャルイベントがユニバーサル・スタジオ・ジャパンで6月28日(木)に開催された。


当日はパーク開業時から大人気のジュラシック・パークエリアに、約1,500人のファンが集合!まず、最新作の迫力あるトレーラー映像が上映され、気分も高まってきたところに、リアルな二頭の草食恐竜が出現。そして、主役のオーウェンを演じるクリス・プラットとクレアを演じるブライス・ダラス・ハワード、J・A・バヨナ監督、製作総指揮のコリン・トレボロウがファンの子どもたちと手をつないで登場すると、大きな歓声が上がり、場内はヒートアップ。


「アイ・ラヴ・オーサカ! こんにちは、大阪~!」と日本語を交えてクリスが元気いっぱいに挨拶し、「大阪は素晴らしい場所、おもしろい人がたくさんいると聞いています。ここに立てて、とてもスリリングないい気持ちです!」と喜びを爆発させた。

 
続いて、ブライスがユニバーサル・スタジオ・ジャパンについて、「ここは恐竜がたくさんいて、ビッグなウォーターワールドやジェットコースターもあり、本当にアドベンチャーたっぷりの素敵なところだと思います。私自身がこの2本足で立っていられるということがとてもラッキーだなと思っています!」とコメント。

 

 J・A・バヨナ監督も「こんにちは、大阪! みなさん来てくれてありがとう!」と日本語で挨拶。「このような素晴らしい場所で『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を紹介できてとてもうれしい。映画の中でブライスが崖から海に落ちていくシーンがあるんですが、撮影では本当に大きなジェットコースターを作って、そこから落とすということまで考えました」と興味深い撮影秘話を明かす場面も。その言葉を受けて、ブライスが「本当に本当に怖かったわ!」と、ノリよくトークする気さくな一面も見られた。

 

さらに、「映画を作っている時は、まるで毎日がテーマパークにいるようで、アドベンチャーな体験をしているのと同じぐらい素晴らしいものでした。とても怖いこともありましたけれども、本当に素晴らしい感動でいっぱいで、様々なことにインスパイアされました。みなさんもこのユニバーサル・スタジオ・ジャパンにいるぐらいエキサイティングな思いをしながら、この映画を観ていただきたいと思います!」とブライス。

 

クリスも大きな体でシャウトするように、「この映画にはたくさん恐竜がいます!
素晴らしいスタントにも恵まれました。そして、火山も噴火しちゃうんです!絶対に気に入ってもらえると思います!」と熱いメッセージを送った。

 

コリン・トレボロウ製作総指揮は、「この映画はまるでライドに乗っているようなものです。大丈夫かな? 本当に助かるんだろうか? というスリルを味わいながら観てください。でも、映画で本当に助かるかどうかは保証できませんけどね」そう言い終わると、みんなの恐怖心を煽るようなSEが流れ出して、映画に出てきた肉食恐竜・ヴェロキラプトルが乱入。

 

それだけではなく、なんと、前作でクリス演じるオーウェンが育てたあの“ブルー”も登場! 場内が騒然とする中、クリスに近づいていくブルー。クリスは、一緒にいた子どもたちを守るように体を張ってさっと手を上げ、ブルーを制止した。

 

そう、前作の中で見られた名シーンを再現するように、“オーウェンとブルーの感動の再会”が実現したのだ。すると、息を呑んで見守っていた観客から一層大きな拍手が沸き起こった。そして、“ブルー”の掛け声と共に、全員でフォトセッション。

 

JW_DayEvent_Selfie2 JW_DayEevnt_Selfie


最後に、クリスが代表して、「とても楽しい時間を過ごすことができました。私から大きなハートを送りたいと思います」と、自分の胸に手でハートマークを作って感謝の気持ちを伝え、「非常に素晴らしい映画を作ることができました。ご覧いただけるみなさんにも楽しんでいただきたいと思います。ありがとうございます!」と、日本のファンに向けて力強いメッセージが送られて、サプライズ満載のスペシャルイベントは大成功で幕を閉じた。

 

JW_NightParade JW_NightParadeKV

 

この夜、4人の豪華ゲストは今年5月17日から行われている大人気の完全次世代パレード『ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード~ベスト・オブ・ハリウッド~』にも参加!

 

プロジェクション・マッピングによって浮かび上がったエキサイティングな“ジュラシック・ワールド”。そこに、クリスとブライスらがフロート(移動式ステージ)に乗って登場すると、沿道に集った観客から歓喜の声が飛び交った。

 

ここでもブルーと他のヴェロキラプトルが合流し、最高潮の盛り上がりに。クリスから、「サンキュー・ソー・マッチ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン! 大阪、ありがとう! 7月13日公開の、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』をよろしくお願いします!」と、パワフルな声で感謝を込めたメッセージを送って締めくくった。

 

その後も、恐竜たちと共に大迫力のパレードが続き、他では絶対に見られないユニバーサル・スタジオ・ジャパンならではのクオリティと壮大なスケールの演出に、パークの来場者は大きな興奮に包まれた。

 


report by エイミー野中

 

 

 

 

 

 

◆映画公開情報
 『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

★仮メイン


監督:J・A・バヨナ
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、コリン・トレボロウ
出演:クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、B・D・ウォン、他
配給:東宝東和
※7/13(金)より全国公開
 

 

 


©Universal Pictures

 


PR
2018.9.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする

フライング・ポストマン・プレス HOME