エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 関西版

2017/10/04

【NEWS】太賀主演の話題作!映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』公開記念パネル展が梅田ロフトで開催中!※好評につき会期延長決定!11/17(金)迄開催

メイン

 

10/28(金)よりテアトル梅田ほかにて全国ロードショーされる映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』のパネル展が梅田ロフト(大阪市北区茶屋町16-7)で開催されている。映画のワンシーンを切り取ったパネル展示のほか、映画タイトルの「ポンチョ」にあわせておすすめのポンチョを展示。本作のロックでパンクな世界観がチェックできる。また同店地下1階にあるテアトル梅田では、ロビーにて『南瓜とマヨネーズ』(11/11公開)との合同パネル展を実施。両作品に出演している太賀作品公開ラッシュを盛り上げている。

 

図2

 

 

 

★梅田ロフトパネル展

【期間】 2017/9/30(土)~10/31(火)

【時間】 10:30~21:00まで ※営業時間に準ずる。但し最終日10/31(火)は17:00終了

【場所】 梅田ロフト 1F

 

【期間】 2017/11/1(水)~11/17(金) 

【時間】 10:30~21:00まで ※営業時間に準ずる。但し最終日11/17(金)は18:00終了

【場所】 梅田ロフト 7Fエスカレーター横

 

【料金】 無料

【アクセス】 阪急各線「梅田駅」茶屋町口徒歩5分/大阪市営地下鉄御堂筋線「中津駅」徒歩5分

【お問い合わせ先】 TEL:06-6359-0111(代表)

【HP】 http://www.loft.co.jp/shoplist/umeda

 

 

 

 

★テアトル梅田合同パネル展

【期間】 2017/10/14(土)~11/9(木)

【時間】 未定 ※上映スケジュールに準ずるため、劇場公式サイトにてご確認ください

【場所】 テアトル梅田ロビー 大阪市北区茶屋町16-7 梅田ロフトB1F

【料金】 無料 ※映画をご鑑賞の場合は別途料金が必要です

【アクセス】 ※梅田ロフトと同じ

【お問い合わせ先】 TEL:06-6359-1080

【HP】 http://www.ttcg.jp/theatre_umeda/

 

 

 

 

 

 

 

 

 『ポンチョに夜明けの風はらませて』

 場面カット

 

 

将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、ジンは一流大学への進学を目指し、ジャンボは実家のとんかつ屋を継ぐことを決めていたが、又八だけは何も進路を決められずにいた。“このありふれた日常から少しだけでも抜け出したい”そんな思いを胸に、彼らはジャンボの父親の愛車セルシオに乗って海に向かう。一方、置いてけぼりをくらい、又八と約束した卒業ライブに向けてギターの練習に明け暮れる中田(染谷将太)。彼らの「青春」が、今ようやく動き出す――。

 

監督は、『世界グッドモーニング!!』(09)でPFF審査員特別賞、バンクーバー国際映画祭ドラゴン&タイガー・ヤングシネマ・アワードを受賞するなど、国内外から注目される新鋭・廣原暁。次世代の日本映画界を担う新たな才能のもとに、いま最も旬な若手実力派キャストが集結。主演は、ドラマや映画などの話題作に出演、その演技が高く評価され、今秋には出演作『南瓜とマヨネーズ』(11/11よりテアトル梅田ほか全国公開)も待機している太賀。原作は、「ひゃくはち」「イノセント・デイズ」など数々の青春小説を手がける早見和真の同名小説。主題歌は、若者の本音を熱く歌う、唯一無二のロックバンド・忘れらんねえよの書き下ろし曲「明日とかどうでもいい」。今の空気を映し出す“青春色”の強いコラボレーションが実現し、型にはまらない日本映画が誕生した。

 

 

 

出演 : 太賀、中村蒼、矢本悠馬、染谷将太、佐津川愛美、阿部純子、角田晃広(東京03)、佐藤二朗、西田尚美

原作 : 早見和真「ポンチョに夜明けの風はらませて」(祥伝社刊)

監督 : 廣原暁

脚本 : 大浦光太、廣原暁

音楽 : 渡邉崇、青木健

主題歌 : 忘れらんねえよ「明日とかどうでもいい」(Bandwagon/UNIVERSAL MUSIC LLC)

配給 : ショウゲート

公式HP : poncho-movie.jp

 

※10/28(土)よりテアトル梅田ほかにて全国ロードショー

 

©2017「ポンチョに夜明けの風はらませて」製作委員会

 

 

 

 

YouTube Preview Image

 

 

 

 

 

 

 

 

 


PR
2017.11.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする

フライング・ポストマン・プレス HOME