エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 関西版

2017/08/18

【舞台挨拶付試写会】感動のTVシリーズから12年-映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』に5組10名様ご招待!

図2

 

eureka_poster

 

 

 

図1

 

 

地球上を覆う情報生命体・スカブコーラルと人類の戦いが巻き起こした世界の危機――サマー・オブ・ラブ。その危機から世界を救ったのは、アドロック・サーストンだった。英雄と讃えられるようになるアドロック。だが、その真相を知るものは、最前線で戦ったごく一握りの人間だけだった。

 

そして10年の時が流れた。

 

アドロックの残された息子レントンは14歳となり、地方都市ベルフォレストで鬱屈した日々を過ごしていた。育ての親レイとチャールズのもとを飛び出したレントンは、迷い深い旅路の中でさまざまな人々と出会い、別れを経験する。レントンが出会ったひとりは、ファシリティ・ガード隊長のホランド・ノヴァク。一時、ホランド率いるファシリティ・ガードに身を寄せていたレントンだが、ホランドとの相性は最悪。結局レントンはそこからもわずかな時間で飛び出してしまう。彼が出会ったもうひとりは、少数宗教ヴォダラクの少女。死に瀕した彼女を救うため、レントンは奔走する。人々との出会いと別れは、レントンに大事なことを気づかせる。自分はなぜ、家出をしたのか。自分はなぜ今、この道を走っているのか。

 

レントンの心の中にいつもいたのは、ひとりの少女、エウレカだった――。

 

図3

 

2005年4月よりTV放送され大ヒットを記録した伝説のアニメ『交響詩篇エウレカセブン』。英雄アドロックを父に持つ主人公レントンが、鬱屈な日々を送る中、ヒロイン・エウレカと出会い、世界を知る旅に出る――というストーリーは多くの視聴者の共感を呼び、2000年代を代表する作品となった。そして2017年、新たに描かれるレントンとエウレカの物語『交響詩篇エウレカセブンハイエボリューション』が、劇場3部作として待望の映画化を果たす。総監督・京田知己、脚本・佐藤大、キャラクターデザイン・吉田健一のオリジナル・スタッフが集結。2005年の『交響詩篇エウレカセブン』以来、12年のキャリアを積んだ3人が、新たな構想に基づいてストーリーを紡いでいく。すべての発端となった世界の危機=サマー・オブ・ラブを完全新作で描写。TVシリーズのシーンを再構築し『ハイエボリューション』のためにチューニングされた新映像となっている。主題歌は、伝説のアーティスト・尾崎豊の息子、尾崎裕哉が歌う書き下ろし楽曲「Glory Days」。挿入曲としてドイツのテクノユニット、Hardfloorが新曲「Acperience 7(アクペリエンス・7)」を提供。“すべての始まり”から始まる3部作は、大いなるエボリューションを経て、誰も知らない未来へと向かう。

 

図4

 

今回は、9/16(土)からの全国公開に先駆けて行われる、映画『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』の特別試写会に5組10名様をご招待。当日は、ゲストとして、脚本の佐藤大、プロデューサーの南雅彦が登壇予定。ご希望の方はメールで件名『エウレカセブン』、本文に『〒、住所、氏名、年齢、電話番号、FLYING POSTMAN PRESSの感想』を明記の上、present@bacc-fpp.comまでお送りください。8/31(木)必着。

 

 

 

●日時 : 9/8(金) OPEN 18:00 / START 18:30

●場所 : 朝日生命ホール (大阪市中央区高麗橋4-2-16 大阪朝日生命館ビル8F)

●登壇予定 : 佐藤大(脚本)、南雅彦(プロデューサー) 

 

※登壇者は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

※本試写会は19時以降終映のため、大阪府の条例に基づき、16歳未満の方は保護者同伴でご来場いただきますようお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

YouTube Preview Image

 

 

 

 

 

 

『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』 

 

声の出演 : 三瓶由布子、名塚佳織、辻谷耕史、森川智之、根谷美智子、小杉十郎太、久川綾、古谷徹

総監督 : 京田知己

脚本 : 佐藤大

キャラクターデザイン : 吉田健一

原作 : BONES

アニメーション制作 : ボンズ

主題歌 : 尾崎裕哉「Glory Days」(TOY’S FACTORY)

配給 : ショウゲート

公式HP : eurekaseven.jp

 

※9/16(土)より梅田ブルク7ほか全国ロードショー

 

©2017 BONES/Project EUREKA MOVIE

 

 

 

 

 

 

 

 

 


PR
2017.9.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする

フライング・ポストマン・プレス HOME