エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

2015/01/22

【インタビュー】話題のバンド、カラスは真っ白の超自信作『HIMITSU』の秘密とは…!?

 

 

HIMITSU=愛”。

ギミックで隠しつつ、愛というものの何かしらを伝えてみようと思った。

 

カラスは真っ白『HIMITSU』A写 (1)

 

刺激的なファンクサウンド、‘80sディスコ、高速プログレ、ファンキーなダンスチューンなど、多彩な楽曲を盤石な楽器隊とウィスパーボイスで魅せるカラスは真っ白。そんな彼から3rd mini ALBUMHIMITSU』が届いた。ソリッドかつカラフルさにエモを注入。めくるめく摩訶不思議なカラスは真っ白ワールド、一度覗いてみては?

 

 

【INTERVEW】

――どんな作品にしようと本作の制作を始めたんですか?

 

ヤギヌマ(Vo.&G.)「昨年6月にリリースしたミニアルバム『おんそくメリーゴーランド』のリード曲『fake!fake!』が、“尖ったものを作ろう!”と制作した曲でした。今作はその曲よりもソリッドに、もっとかっこいいものを作り上げようと作り始めたんです」

 

――『fake! fake!』の反響は大きかったのでは?

 

シミズ(G.&MC)「アニメーションクリエイターの植草航さんとご一緒したPVYouTubeで公開され、映像作品として高く評価していただき、そこからバンドも少しずつ広がっていきました。もちろん我々の規模感はまだまだ小さいものかもしれませんが、“植草さんともう一度制作し、前作よりも面白いものを作りたい!”“『fake! fake!』がスタート地点で、バンドの芯を作りたい!”と強く思っていました。だから今回のリード曲『HIMITSUスパーク』のPVでもご一緒させていただきました」

 

――なるほど。印象的なアルバムタイトルですが、コンセプトはあったのでしょか?

 

シミズ「今までは制作する中でコンセプトが生まれてきていたのですが、今回はタイトルでもある“HIMITSU”をコンセプトに曲を作っていったんです。ヤギヌマちゃんが言ったように“よりソリッドに、より攻撃的な”アルバムにしたかった。完成した今、想像以上の最高傑作ができたと実感してます」

 

――素晴らしい。じゃあ今のカラスは真っ白の音とは=『HIMITUSU』になりますね。

 

シミズ「まさにです。コンセプトはHIMITSUなんですけど、聴いてくれる人たちにいろんなことを秘密にするつもりはもちろんなくて。今作では自分たちの想いを伝えたいという気持ちが強く、それを伝える手段は“ラブソング”かな、と。ラブソングは世の中に溢れていますが今まで1曲も作ったことがなく(笑)」

 

ヤギヌマ「うふふ」

 

――なるほど(笑)。

 

シミズ「1曲も作ったことないけど、愛というものの何かしらを伝えてみたいと思ったんです。恥ずかしいし照れるけど、我々なりに表現してみようということで、“秘密=愛”をコンセプトにしたんです」

 

ヤギヌマ「ジャケットを見てもらってもすぐにわかるように、“I”を指示してます」

 

――ホントだ!

 

シミズ「歌詞、音やアートワークにもいろんなギミックが隠れていますよ」

 

ヤギヌマ「ダブルミーニングとして、LOVEの愛以外、英語の主語である“I”の意味もあって。私自身を隠したいっていう意味もあります」

 

――面白いですね。でも愛について書こうと思うと、自分の感情を解き放たないといけないですよね。

 

ヤギヌマ「はい。今回もすべて作詞しました。いつもリズムに乗せ、歌う時の気持ちよさを重視し感覚的に言葉を選んでいて。『HIIMISUスパーク』では、今まで通り言葉遊びも入っているんですが、書くのにとても苦労しました(苦笑)」

 

シミズ「彼女はある意味すごくネガティブなんです。でもそのネガティブなパワーを曲に注いでもいいと僕は思っていて。負の感情をぶつけることを今までしてこなかったし、ネガティブな自分と歌詞を書く自分を分けてる風に見えていました。だから今回は破壊衝動やマイナスな感情を出すことを、彼女なりに歌詞で還元できていると思いますね。特にリード曲と『正義とアクチュエーター』。パワーのあるネガティブさかつ言葉遊びのバランスが優れてる」

 

――リード曲『HIIMISUスパーク』はPVも含め、病みつきになる楽曲ですね。

 

シミズ「アルバムのコンセプトはもちろんですが、曲ごとにもコンセプトがあって。この曲はDNA。秘密って何か考えていた時、感情もそうなんですが、人間の根源、最小単位は細胞の核にあるDNA。それをテーマに作っていったんです」

 

ヤギヌマ「Aメロ部分の歌詞の頭文字ATGCは、DNAの塩基配列から取ってます」

 

――すごい!!そうなってくると『9番目のクエスチョン』の“9”にも何か秘密が隠されている気がしてきました。

 

ヤギヌマ「そうですね(笑)。これは完全にコンセプトである秘密に寄り添って書いた歌詞でもあるし、アルファベットの9番目がIなんです」

 

――そこかしこにいろんな秘密が隠されていて、聴きながらニヤリとできる。そして音としてもカッコいい作品になりましたね。

 

シミズ「作り終えて、次なるステージで自分たちのやるべきことが見えてきました。1stミニアルバム『すぺくたるごっこ』は雑多感のある宇宙がテーマで、次の『かいじゅうばくはつごっこ』では宇宙から規模が街になり、『おんそくメリーゴーランド』では、遊園地まで小さくなりました。じゃあさらに小さくしようと考えた時に秘密やDNAってワードが思い付いたんです。次回はもしかしたら一気に広がってるかもしれませんね(笑)」

 

 

■プロフィール

カラスは真っ白

‘10年に北海道で結成。メンバーは、ヤギヌマカナ(Vo.&G.)、シミズコウヘイ(G.&MC)、ヨシヤマ“グルービー”ジュン(B.)、タイヘイ(Dr.)の4人。現在までに2枚のミニアルバム、1枚のフルアルバムをリリースし、ライブの動員も着実に増やしている。また、アートワークも常に話題となる。

http://acrowiswhite.com

 

≪レコ発ワンマン“ひみつじゃないけどHIMITSUツアー≫

1/25(日) 渋谷Star lounge  ※ゲスト有

2/15(日) 梅田zeela

2/21(土) 新栄APOLLO BASE ※ゲスト有

3/14(土) 札幌Sound Lab mole

3/21(土) 渋谷Star lounge

 

 

Print

 

 

 

 

 

 

 

HIMITSU

¥1,728(税込)

PECF-3122

now on sale

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。