エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 福岡版

2019/09/20

草彅剛が“台風そのもの”!映画『台風家族』最後の舞台挨拶を福岡で。

IMG_9925掲載圧縮 

 草彅剛の最新映画『台風家族』の大ヒットを記念し、9月17日に福岡中洲大洋劇場で舞台挨拶が行われ、主演の草彅剛と市井昌秀監督が登壇した。

 

 本作は、市井昌秀監督が12年間温めてきたオリジナルの脚本を草彅剛主演で映画化。10年前に銀行強盗し、行方不明になって世間を騒がせた両親の仮想葬儀で、財産分与を巡り一家の長男・小鉄(草彅剛)をはじめ、クセの強い残された子供たちが集まったことで巻き起こる騒動をブラックユーモアたっぷりに描く人間ドラマ。9月6日公開からわずか一週間で興行収入1億円を達成し、パンフレット1万部も完売、さらに増刷するという台風ならぬ“旋風”を巻き起こしている。一時は、出演キャストが引き起こした事件によって、その公開すら危ぶまれたが、キャスト変更や出演シーンのカットをすることもなく、作品本来の内容で無事披露された。今回の舞台挨拶も当初は日本全国で最速の8月30日に予定されていたが、九州豪雨の影響で延期となった結果、最後の舞台挨拶となった。

 

 そんな苦難と、PR活動を共に乗り越えた草彅と市井監督。「本当に公開が危ぶまれていましたが、皆さんの応援のおかげで、この舞台に立つところまで漕ぎ着けることができました。「公開おめでとう」と言う言葉がこんなに自分の中に響いたことはなかったし、本当に幸せです!皆さんありがとうございます!」と草彅が感謝の気持ちを表した。続けて市井監督も「予定されているふたりでの舞台挨拶は、今回が最後になります」と29回もの舞台挨拶をこなしてきたことも明かすと、草彅から「監督、そういう意味では(舞台挨拶は)終わりだけど、ここが本当のスタートですよ」と話し、観客からは拍手が湧き起こった。本作の演技については「監督から“草彅剛くんの小鉄を見たい”という言葉がめちゃくちゃ僕の心に響いて。今までは演技をやる上で、何かがモヤモヤしていたけど、たった一言でそれを拭い去ってくれました」と告白。これまでにない草彅剛の成長した姿を見られることを予感させた。小鉄の好きなところを聞かれた草彅は「本当に一番自分が出ていると思うし、すごくゲスなことを言うキャラクターだけど、どんどんエクスタシーを…“ゲス・エクスタシー”を感じながら楽しみました。だから監督はどこか僕のことを見透かしているんだなって。それは本当に超能力のようでした」と、監督の手腕に感服した様子。続けて市井監督について「原作がある作品ももちろん素晴らしいですが、今回のようなオリジナルにこだわっている監督の強さというか、それが素晴らしいですね。“新しい地図”を立ち上げて、吾郎ちゃんの『半世界』も、慎吾ちゃんの『凪待ち』もオリジナル作品なんですよ。偶然だけど、やっぱりオリジナルは良いなって。どこにもない唯一無二の作品になって、めちゃくちゃお気に入りになりました!もう今日は監督に博多ラーメンを一杯奢ります(笑)」と大絶賛。監督も「替え玉して良いっすか?」の切り返しで観客の笑いを誘った。その後も、終始ハイテンションにおどける草彅と、それに呼応する市井監督の掛け合いが、さながら漫才を見ている感覚に。市井監督も「“台風家族”というタイトルの作品ですが、29回も一緒にやっている中で、行動が読めない草彅さんが実は“台風の目”なんじゃないかと思うくらいです」と述べると、「嬉しいです。くるりんぱ」と言いながら台風の目を体いっぱいで表現し、仲睦まじいふたりの関係性を見せてくれた。共演者とも「現場で家族になる瞬間があった」と充実した撮影現場だったようで、「その瞬間がスクリーンでも感じられる場面があるので、大笑いできる映画だけど、それだけじゃない家族の物語なので、笑いながら感動してほしい」と願いを込めた。本作の魅力を市井監督は「突飛なシーンがあったりしますけど、それも含めて感情の変化みたいなものに嘘はないと思うので大事に撮りました」とこだわった点を告げると、草なぎも「監督の作品の良いところって泣かせようとか、笑わせようとかしてなくて、同じシーンでも泣いている人もいれば、笑っている人もいる。感じ方って人それぞれで違うので、あえて“こうしてほしい”みたいな強制をしていないのが面白いところだし、この作品の魅力ですね」と感情のまま観ることをお勧めしてくれた。

 

 映画『台風家族』は9月26日までの期間限定公開。台風のように目まぐるしく変化していく家族の姿を、ぜひ“感じるまま”に楽しんでほしい。

 

 

 

メイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STORY

銀行強盗事件を起こし2,000万円を奪った鈴木一鉄(藤竜也)と妻・光子(榊原るみ)が失踪する。10年後、いまだに行方知れずの両親の仮想葬儀をして財産分与を行うため、妻子を連れた長男の小鉄(草彅剛)、長女の麗奈(MEGUMI)、次男の京介が実家に集まるが、末っ子の千尋(中村倫也)は現れない。空の棺を二つ並べた見せかけの葬儀が終わったころ、見知らぬ男がやって来る。

 

 

『台風家族』’19年/日/108分(PG12)

監督・脚本:市井昌秀

出演:草彅 剛、MEGUMI、中村倫也、尾野真千子

   若葉竜也/甲田まひる、長内映里香、相島一之、斉藤暁

   /榊原るみ・藤竜也

※公開中

http://taifu-kazoku.com/

 

Ⓒ2019「台風家族」フィルムパートナーズ


PR
2019.10.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする
  • facebook
  • twitter
  • instagram

フライング・ポストマン・プレス HOME

fppshop
FPP×AFRO FUKUOKA