エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 福岡版

2018/10/27

あの『シザーハンズ』も超えた!? ベルギーの鬼才・ジャコ・ヴァン・ドルマルが贈る切なくも愛おしい珠玉のラブロマンス!

angel_main

 

恋に落ちた透明人間の青年と盲目の少女の関係が変化していく様を描くラブストーリー『エンジェル、見えない恋人』が10/27(土)よりKBCシネマで公開。目に見えない存在として生まれた青年「エンジェル」と盲目の少女「マドレーヌ」が惹かれあう、とびきりピュアで切ない小さな恋の物語。製作を務めるのはベルギーの至宝と呼ばれる名監督、ジャコ・ヴァン・ドルマル(『神様メール』『トト・ザ・ヒーロー』)。彼が自身の映画に出演している俳優であり、長年の友人でもあるハリー・クレフェン監督とタッグを組み、『ぼくのエリ 200歳の少女』や『シザーハンズ』に続く、切なくも愛おしい究極のラブロマンス。ヒロインには、『エル ELLE』などに出演したフルール・ジフリエを起用し、『愛・アマチュア』などのエリナ・レーヴェンソンが共演する。時に情熱的に、時に冷たく、儚くて切なくも“初恋”の頃の大切の気持ちを思い起こさせてくれる感動のファンタジー。

 

 

 

 

angel_sub1angel_sub2angel_sub3angel_sub7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STORY

目に見えない存在として生まれたエンジェルは、母親のルイーズ(エリナ・レーヴェンソン)に、自分の存在を誰にも明かしてはいけないと言われていた。ある日、エンジェルは目の見えない少女マドレーヌ(フルール・ジフリエ)と出会い、恋に落ちる。エンジェルの秘密を知らないまま成長したマドレーヌは、視力を取り戻す手術を受けることになる。

 

 

 

 

0622_Angel_chirashi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『エンジェル、見えない恋人』’16年/ベルギー/79分(PG12)

監督・脚本:ハリー・クレフェン
出演:フルール・ジフリエ、エリナ・レーヴェンソン、マヤ・ドリー、ハンナ・ブードロー、フランソワ・ヴァンサンテッリ

http://angel-mienai.com

 

Ⓒ2016 Mon Ange, All Rights Reserved.


PR
2018.10.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする
  • facebook
  • twitter
  • instagram

フライング・ポストマン・プレス HOME

fppshop
FPP×AFRO FUKUOKA