エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 福岡版

2018/08/31

有村架純×國村隼 W主演で描く『RAILWAYS』シリーズ最新作。鹿児島・熊本先行公開決定!

kazokuiro2

 

日本の美しい風景を走る鉄道とともに、迷いながらも成長していく人々の姿を清々しく描き、多くの世代から愛される人気シリーズとなった映画「RAILWAYS」シリーズの最新作『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発-』が、11/30(金)より全国公開。その予告編とポスタービジュアルが完成し、斉藤和義が書き下ろした主題歌「カラー」の一部も初公開された。

 

本作は、鹿児島県〜熊本県を結ぶ<肥薩おれんじ鉄道>を舞台に、愛する人を失った、血の繋がらない3 世代 3 人の、“ふぞろい”な家族の再出発を描いている。W主演となるのは、 亡き夫の連れ子・駿也と共に、夫の故郷・鹿児島で鉄道運転士を目指す奥薗晶役の有村架純と、晶の義父で、最初は頑なだったが、晶の明るさと孫の駿也とふれあうことで徐々に心通わせていく節夫役の國村隼。 今回完成した予告編では、血の繋がらない3人が、愛する人を失った悲しみを抱え、愛を伝えきれなかった後悔を抱えながら新しい「家族」を作ろうと、時に感情をぶつけ合い、もがきながらも、 必死に前を向いて生きようとする姿が映し出され、心を揺さぶる感動必至の予告映像となっている。

 

彩り豊かな九州を映し出した圧倒的な美しい映像、NHK 大河ドラマ「西郷どん」や数々の映画でも音楽を手掛ける富貴晴美による劇伴が、郷愁感を呼び起こし、さらに斉藤和義が撮影現場を訪れ、肥薩おれんじ鉄道にも乗車して書き下ろした主題歌「カラー」の「走り出す 風になる 空高く 舞い上がれ」という歌声が、本作のテーマでもある“再出発”を強く感じさせ、映画を一層盛り上げている。

 

さらに、全国公開に先駆けて、11/ 23(金・祝)より舞台となる鹿児島県・熊本県にて先行公開も決定。誰もが、自分の家族のことを思い起こさずにはいられない、これまで以上にどの世代にも共感できる、家族の“再出発”を描く物語が、この秋、日本中を温かい感動で包み込む。

 

 

 

STORY

晶は、夫・修平とその連れ子・駿也と東京で幸せに暮らしていたが、修平の突然の死で生活は一変。残された駿也と共に夫の故郷・鹿児島へ向かい、まだ会ったことのない義父の節夫を訪ねる。節夫は、運転士の仕事一筋で家族を顧みずに生きてきたが、突然やってきた晶 たちを戸惑いつつも受け入れ、3人の共同生活が始まった。そして晶は、亡き修平の子供の頃の夢でもあり、電車好きな駿也のため、鉄道の運転士を目指すことに。「このままじゃダメだって分かってます。変わりたいんです。」血の繋がらない息子の母として、そして運転士に なるためまっすぐに生きようとする晶の姿に、これまでの人生で見出せなかった<大切なこと>に気付いていく節夫。愛する人を亡くし、一度家族を失った3人は、もう一度<家族>になれるのだろうかー。

 

 『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発-』’18年/日/120分

監督・脚本:吉田康弘

出演:有村架純・國村隼、桜庭ななみ、歸山竜成/木下ほうか、筒井真理子/板尾創路、 青木崇高

主題歌:「カラー」 斉藤和義(スピードスターレコーズ)

http://www.railwaysmovie.jp/

 

©2018「かぞくいろ」製作委員会


PR
2018.10.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする
  • facebook
  • twitter
  • instagram

フライング・ポストマン・プレス HOME

fppshop
FPP×AFRO FUKUOKA