エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 福岡版

2018/03/16

『坂道のアポロン』の知念侑李、中川大志、小松菜奈、三木孝浩監督らが福岡で舞台挨拶!

IMG_2538keisai 

昭和の佐世保を舞台に、高校生たちの切なくも瑞々しい青春時代を描き、第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!2009オンナ編」第1位に輝き、アニメ化でも話題を集めた『坂道のアポロン』が満を持して映画化。青春映画の名手・三木孝浩監督がメガホンを取り、映画単独初主演の知念侑李、共演に中川大志、小松菜奈を迎え、オール九州ロケを敢行。雄大な自然を背景に描かれる、温かくも切ない青春模様とセッションシーンの躍動感を化学反応させた唯一無二の感動作。その公開初日に主要キャスト3人と三木監督が勢揃いした豪華舞台挨拶が福岡で実現した。

 

……公開初日に福岡での舞台挨拶となりましたね。

三木「撮影のメインは佐世保でしたが、薫の家は福岡の柳川にある邸宅をお借りして撮影しましたし、商店街は大分の豊後高田でしたし、劇中で使っている色んなピアノは福岡で探したもので、九州の皆さんには本当にお世話になった作品です」

 

……それぞれに印象残っているシーンは?

知念「終盤、教会へ歩いていく場面で律っちゃん(小松菜奈)が、僕を呼び止めるシーンがあるんですけど、その呼び止める位置にこだわりがあって。ちょっと盛り上がってるところで、「ここで止めてね」って毎回言ってました(笑)。ちょうど良い目線になるんです」

中川「ジャズバーで外国のエキストラの方々と仲良くなるシーンがあるんですが、コミュニケーションをどうやってとるかを考えていた時、ちょうどハンドスピナーが流行っていたので、知念くんの分も一緒に取り寄せてプレゼントしたんです。それでエキストラの皆さんと盛り上がって、あの一体感が生まれました」

知念「本当にそのおかげでした。最初にエキストラの方々に「僕は23歳だ」と伝えると皆さん驚かれていました。「16(歳)じゃないの!?」って(笑)」

小松「私は薫さんと子役の幸子ちゃんの糸電話のシーンが好きですね。幸子ちゃんの声には萌え萌えしますし、知念くんの受け答え方も優しくて、癒しのシーンでした」

知念「珍しく僕がお兄ちゃんに見えるシーンですね(笑)」

 

……方言の苦労はなかったですか?

小松「私はすごく苦労しましたね」

知念「菜奈ちゃん、あのセリフ言ってみてよ!文化祭のステージの袖で千太郎と話してるシーンのやつ」

中川「僕が「別にこれで終わってもよか」みたいなことを言った後に菜奈ちゃんが「それやったら引き受けんかったらよかったとにー」の「よかったとにー」のイントネーションに苦労してましたね」

小松「もう…一生言えないフレーズになりました(笑)」

三木「福岡の博多弁もそうですけど、女の子が方言を喋るとすごく可愛らしいですよね」

知念「僕はイントネーションとか詳しく分からないので、ただただ素敵だなぁと思いながら聞いてましたよ」

中川「知念くんは英語の教科書を読むのを苦労してましたね(笑)」

知念「すっごい大変だった!英語が難しくて。しかも教科書を読みながら千太郎が声を掛けてくるタイミングに合わせて、自分のセリフもを言わなきゃいけないから大変でした。だからテスト撮影の時は声が裏返っていたし、転校してきたばっかりの設定なのに緊張しすぎて教科書もボロボロになってました(笑)」

 

……それでは最後にメッセージをお願いします。

知念「今日は皆さん初日舞台挨拶にお越しくださいまして、ありがとうございました。とても皆さんが温かくて緊張せずに楽しい時間を過ごすことができました。そんな皆さんのあたたたた…」

(会場爆笑)

知念「今、緊張してないって言いましたけど、僕、緊張してる!?(笑)。でも、この『坂道のアポロン』もとてもあたた…かい作品になっていますし、ぜひ大切な方と一緒に観ていただけたら嬉しいです。ありがとうございました!」

 

 

『坂道のアポロン』WEBメイン (1280x932)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STORY

親戚が住む長崎県佐世保市へと越してきた、高校1年生の西見薫(知念侑李)。周囲に心を開かずにいたが、ひょんなことから同級生で町のレコード屋の娘・迎律子(小松菜奈)と、素行の悪さで有名な川渕千太郎(中川大志)と言葉を交わすようになる。千太郎を通じて知ったジャズをピアノとドラムでセッションするふたり。それを見守る律子と三人で過ごす充実した日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、ふたりで奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かなかった。ある事件を境に、千太郎はふたりの前から姿を消してしまい…。 

 

『坂道のアポロン』’18年/日/120分

監督:三木孝浩

原作:小玉ユキ『坂道のアポロン』(小学館「月刊flowers」FCα刊)

出演:知念侑李、中川大志、小松菜奈、真野恵里菜、山下容莉枝、松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)、野間口徹、中村梅雀、ディーン・フジオカ

※絶賛上映中

 http://www.apollon-movie.com/

 

Ⓒ2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 Ⓒ2008 小玉ユキ/小学館

 


PR
2018.4.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする

フライング・ポストマン・プレス HOME

fppshop
FPP×AFRO FUKUOKA