エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 福岡版

2018/03/03

バカバカしさ満載の笑撃作『レオン』の主演・知英、竹中直人が来福!

IMG_2235 

大倉かおり、清智英の人気コミックを長編映画初主演の知英、そして竹中直人を迎え実写化したコメディ『レオン』。クビになった派遣社員と、女好きなワンマン社長の心と身体が入れ替わったことから巻き起こる騒動を描くコメディ。今週末の公開を控え、知英、竹中直人のふたりが来福し、抱腹絶倒のスイッチング・エンターテイメントについて、語ってくれた。

 

 

……初共演のおふたりですが、最初の印象はいかがでしたか?

竹中「本読みの時に、日本語を話せるのは当たり前じゃないはずなのに、その言葉の美しさに驚きました。物静かなお芝居から、めちゃくちゃハジけた演技まで出来る振り幅の広い女優さんだと強く感じました」

知英「元々大好きな俳優さんでしたし、初めてお会いした時はその声に驚きました。実際に生で聞くと圧倒される素敵な声でした」

 

……入れ替わる相手が、竹中さんが演じられた役で戸惑いはなかったですか?

知英「竹中さんとの入れ替わりだから嬉しかったけど、難しかったです。すごく個性的な俳優さんなので、竹中さんに似せるのか葛藤もありましたので、本読みでは具体的に皆さんと相談しながら作り込んで出来上がった感じです。でも竹中さんと入れ替わったからこそ安心して思いっきり演じられました」

 

……長編初主演への挑戦でしたが、知英さんはどんな思いでしたか?

知英「こんなにも素晴らしいキャストの皆さんと長編映画で主演として素敵な役を演じさせてもらい嬉しく思いました。コメディというジャンルをずっとやりたかったし、竹中さんとこんな風にコメディで共演できることは自分の中でも自信になり、これからもずっと心に残る作品になると思います」

 

……実際にコメディを演じられていかがでしたか?

知英「難しかったです。バランスというか、相手と息を合わせなきゃいけないし、やり過ぎて浮いちゃうと観ている方は冷めてしまうと思うんです。できるだけ自然にやるようにしていましたけど、男性を演じなきゃいけないので、動きとか表情が大きくなったりもして。でもあまり考えすぎず思いっきり演技をすれば楽しんでもらえると信じてやりましたし、そうやって撮りながら笑いへの欲がどんどん増していった感じです」

 

IMG_2263

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……現場の雰囲気はいかがでしたか?

竹中「個性的な方々が集まった現場だったしで、特に(ジャングルポケットの)斎藤くんの顔は、エネルギーの塊のようで圧倒的なインパクトでした(笑)。吉沢亮君はとても綺麗な顔で現場でも物静かな雰囲気がありました。でも一番は知英ですね、彼女の芝居が本当に面白くて。僕は人の芝居を見てあまり笑うことはないけれど、入れ替わった時に病室で僕の上に乗って元に戻ろうとする演技とか、知英のテンションがとにかく可笑しくて。すごい画だなと思いました(笑)」

知英「その時はもう「失礼しまーす!」と言って上に乗りました(笑)」

 

……本当に笑いが絶えないコメディ映画でしたが、数多くのコメディ映画に出演されている竹中さんにとっては、どんな作品になりましたか?

「こういったコメディの受け入れ態勢って外国に比べて日本はあまりないし、シリアスな作品が評価されがちですが、周防正行監督とやった『シコふんじゃった。』が賞を獲った時、周防さんと「コメディが初めて日本で評価された」って盛り上がりましたした。それに近い“コメディとしてのテンション”のようなものをこの現場では感じましたね」

 

……塚本監督の印象はいかがでしたか?

知英「物静かですが、笑顔が印象的でニコッと笑ってもらえるとすごく安心して演技が出来ました」

 

……もし今、入れ替われるとしたら誰と入れ替わりたいですか?

竹中「前に舞台挨拶の時にその質問をされて、目の前に斉藤君がいたので、「その顔で街を闊歩したい」と話しました。だってすごいんだもん、顔が(笑)。「私が齋藤です!」と言いながら歩いて人々の反応を楽しみたいです(笑)」

知英「私はオードリー・ヘプバーンがすごく好きなんです。だから、入れ替わって全盛期のオードリーさんを体験してみたいですし、その時代の撮影も味わってみたいです」

 

 

 

メイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

STORY

食品会社「朝比奈フーズ」勤務の派遣社員、小鳥遊玲音(知英)。磨けば美人でナイスバディの持ち主なのに、消極的な性格ゆえ、社内で男性社員たちから“ムダパイ”とあだ名を付けられる地味なOL。社内の男性と恋に落ちるものの、捨てられた上に職までも失ってしまう。一方、朝比奈フーズを率いる社長の朝比奈玲男(竹中直人)は、ビジネスに関してはやり手だが女性社員にセクハラ寸前の行為を繰り返し、他人の声は全て無視する男だった。ある日、彼らは自動車事故に遭遇し、一命を取り留めるがお互いの心と身体が入れ替わってしまう…。

 

 

『レオン』’18年/日/100分

監督:塚本連平

原作:清智英・大倉かおり「レオン」(講談社KCデラックス)

出演:知英、竹中直人、山崎育三郎、大政絢、吉沢亮、斉藤慎二(ジャングルポケット)、ミッツ・マングローブ、他

※2/24(土)よりT・ジョイ博多、他にて公開

http://reon-movie.com/

 

Ⓒ清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会

 


PR
2018.10.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする
  • facebook
  • twitter
  • instagram

フライング・ポストマン・プレス HOME

fppshop
FPP×AFRO FUKUOKA