エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 福岡版

2017/07/19

映画『銀魂』大ヒット上映中!博多での舞台挨拶をレポート!

IMG_7489

 

週刊少年ジャンプの看板コミック「銀魂」×脚本・監督:福田雄一×超豪華キャストで本気の実写化!大ヒット上映中の映画『銀魂』。主演の小栗旬、長澤まさみ、佐藤二朗、そして、福田雄一監督が博多の街でも舞台挨拶を行った。

 

……ようこそ福岡へ!監督、初日から大ヒットですね。

福田「僕らは実際に今どんな状況なのか分からないんですよね。でも、Twitterなどでも“満席でした!”って言ってくれている人が多かったので、ヒットしてるのかなと思います」

 

……舞台挨拶は今回で8回目ですね。

福田「名古屋、大阪とマスコミが来ているときに限って佐藤さんがオナラするから2回オナラのニュースでてるよ」

佐藤「なんで中年オヤジが舞台上でオナラしたことがニュースになるの()

福田「そこで“小栗が苦笑い”…って書かれてたよ」

佐藤「本当は少し嬉しそうに笑ってたんだよ!」

小栗「苦笑いでしょ()。本当に臭いんですから」

長澤「私までは臭ってこなかったですよ」

福田「長澤は良い臭いバリアを発してるから」

 

……それではここから会場のみなさんから質問を受け付けたいと思います。

【東京や生放送では言えないけれど地方だから言える秘話などはありますか?】

福田「なんでしょうね。話してないことは本当に言っちゃいけないことだと思うからね」

佐藤「東京の舞台挨拶でもタブー無き舞台挨拶だしね。もうめちゃくちゃでしたよ」

福田「土地柄的に福岡出身の橋本環奈の話がいいのかなと思うんだけど、ほとんど言えないんだよね()

小栗「イメージがあるからね」

佐藤「“橋本環奈の話は言えないことが多い”それが答えじゃない()

 

【出演者の岡田将生さんはどんな印象ですか?】

佐藤「ピンポイント!」

小栗「顔はめちゃくちゃキレイです。でも、それ以外はほぼほぼ残念です()

福田「僕もこの作品で一緒になるまであんな奴だとは思わなかった()

佐藤「天然ですね」

小栗「ちなみに東京で舞台挨拶を4回やったんですよ。裏の控え室にいるとみんなに散々イジられてしんどいから、僕にとって舞台挨拶が休憩だって言ってました」

福田「国宝級のイジられキャラです。『銀魂』の撮影は天候に恵まれて一回も雨が降らなかったんです。本当にすごく良い天気だったのに、岡田くんが来た日に台風が来た()。本当はその日に堂本剛くんがクランクアップの予定だったのに、雨男の岡田くんのせいで台風が来ちゃって撮影が中止になったから翌月にまた撮影に来なきゃいけなくなったとき、岡田くんと剛くんが一緒に待ちの時間に岡田くんが“俺、今日撮影なかったから博多で友達と合流してすごい遊ぶ予定だったんですよね”って剛くんの前で言って怒られてましたね()

 

【私はエリザベスの声を担当している山田孝之さんが好きです。東京での舞台挨拶では山田さんがエリザベスの着ぐるみを着ていましたが、その姿を見ていかがでしたか?】

福田「僕は辛かったです()。すごい、けなげに頑張ってて、でも山田は最後まで着ぐるみを脱がなかったから4回あったうちの最初の舞台挨拶に来た人はニュースになってないから中に入ってるのが山田って知らないの。本人がどうしてもやりたいし、4回とも出たいって言うからやってもらったんだけど」

小栗「4回目が終わって裏で会ったときはすごいスッキリした顔でしたよ()

佐藤「やりきったんだろうな」

小栗「終わった後2キロぐらい痩せたんじゃないかな」

福田「まさみちゃん普通に“痩せた?”って聞いてたよね」

長澤「()

福田「でも、エリザベスの声は山田だけど、映画で実際に中に入っているのは巨人軍のジャビットくんの中に入っている人です。着ぐるみ界の帝王が中に入っているので、作品を観てもらえば分かるけど、すごい動きが機敏ですよ。じゃあ声を誰にやってもらおうかなってなったときに山田くんにお願いしたら二つ返事でOKでした」

 

……最後にこれから観る方たちに小栗さんからメッセージをお願いします。

小栗「思い切り声を出して笑ってもらいたいと思います。僕が試写で観たときはすごく、しーんとした会場だったので笑いたくても全然笑えなくて」

福田「ものすごく偉いおじさんしかいない時だったからね()。小栗くんが観た回だけがそうだったんだよね」

小栗「その前はみんなすごく盛り上がったって話を聞いていたんで。みなさんはどうぞ笑って観てください」

 

 

 

 

STORY

江戸時代末期、日本の鎖国を解放したのは、黒船ではなく宇宙船だった。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時と、ひょんなことから出会った新八と神楽が営む万事屋(よろずや)の周りで起こる事件や騒動の数々。果たして、今日はどんな事件が起きるのか――?この夏、銀色の魂に、日本中が虜になる!

 

 メイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『銀魂』

原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)

脚本/監督:福田雄一 

出演:小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、長澤まさみ、岡田将生/堂本剛他

T・ジョイ博多、UCキャナルシティ13、イオンシネマ福岡、他にて公開中

gintama-film.com

 

©空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会

 


PR
2017.9.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする

フライング・ポストマン・プレス HOME

fppshop
FPP×AFRO FUKUOKA