エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 福岡版

2017/03/31

映画『スレイブメン』出演!福岡出身の俳優・松井望に迫る。

 松井望

 

唯一無二のエンターテインメント作品を作り続ける奇才・井口監督の最新作『スレイブメン』。その作品に出演しているのが、今回インタビューした福岡出身の俳優・松井望だ。今後が期待される彼に、本作にまつわるエピソードから、自身の今とこれからについても語ってもらった。

 

……映画「スレイブメン」の役どころは?

「中村優一さん演じる主人公のしまだくんを終始いじめる役です。でも、この映画には、いわゆる敵が存在していなくて、自分の中の悪や障壁と戦っていく、というのが僕なりの印象です」

 

……井口昇監督らしい斬新な作品ですが、まずこの役が決まった時のお気持ちはいかがでしたか?

「僕や事務所の役者陣が、井口監督がやられていたワークショップに3ヶ月くらいいまして、最初は卒業制作ということだったのが「この映画を撮ろう」とだんだん話が大きくなっていき、今回ありがたいことに全国で公開されることになりました。井口監督の作品って、良い意味で常軌を逸しているところがあって(笑)。その覚悟を持って台本を読んだのですが、最初はまったく世界観が分からず、理解するのに苦労しました。でも監督に一つひとつアドバイスしてもらいながら、撮影に挑みました。監督から「(この映画は)ドラえもんに例えると分かりやすいよ」と言われ、主人公のしまだくんがのび太で、ドラえもんはしまだくんが装着するスレイブヘッド、そしてジャイアン的ないじめ役が阿部亮平さんで、その子分のスネ夫的な役を僕が演じるということを意識したら、やりやすくなりました。そのスネ夫的な役もスレイブスキャンされて人生が変わっていくと、気弱になってしまだくんと立場が逆転したり、また戻ったりと2役やっているような感覚で楽しかったです」

 

……特に印象に残ったキャストの方はいらっしゃいますか?

「津田寛治さんですね。津田さんの代わりに台本を読む機会があったのですが、大会社の闇組織のボスという役であることを理解して自分なりにアプローチして臨んだのですが、実際に津田さんが演じられた時に全く違う角度のお芝居をされていて、その引き出しの多さに圧倒されたし、役者として勉強になりました。撮影期間が5日間と非常に過酷でしたが、津田さんの「大丈夫、大丈夫」という言葉に安心感があったことで現場の空気が変わった気がします。監督も人柄がマスコット的な存在で飄々とされているので、追い込まれている状況だったけど、これまでで一番楽しい現場でした」

 

……これまで参加された作品で特に印象に残っている作品は?

「矢ヶ部高佳という映画監督の『トロピカルデザート』です。福岡から上京して初めて友達になったのがその矢ヶ部君で、偶然喫茶店で相席になり意気投合して6時間くらい話していたら同郷で。それから彼が東京で映画監督を目指していると話したので、僕もつい負けたくなくて、「役者をやってる」って嘘ついたんです(笑)。そしたら、今度撮る映画に出てほしいと言われて、まったく芝居経験のない中、1年くらいかけて撮ってできた作品なんです。でもその時にふたりで苦労したことや当時の熱量が、今の自分の根っこになって現場で活かされている気がします」

 

……上京した時は特に目的はなかったのですか?

「福岡にいた時から映画はすごく好きで観ていて、でもそれ以上にボーリングが好きだったんです(笑)。だからプロボウラーを目指していましたが、紆余曲折あり、一応地元の友人には「役者になる」と言って上京しました。最初は素人丸出しでしたけど、矢ヶ部君と出会い、その後ニコルソンズという劇団に所属し、そのツテで今の事務所も紹介してもらえたので、出会いによって成長させてもらっている感じです」

 

……今回、福岡で舞台挨拶もされてみて、いかがでしたか?

「両親にも来てもらいましたが、少しのシーンではあるけど僕が今できる全力を見せることができて、ちょっとは親孝行できたかなって思うし、僕が嘘ついているかもしれないという親の疑念も少しは晴れる証拠物件になったので良かったです(笑)。でも僕が通っていた劇場で挨拶をさせていただくことって感慨深いものがありました」

 

……それでは今後について、また福岡の方へ地元の言葉でお願いします。

「自分にとってこの作品が初めての全国公開作品ではあるけど、これが最後の作品になるかもしれん。もちろん色んな役や格好良い役もしたいち思いよるけど、どんな役でも全力を尽くして端役でも「この人が出とーけん」と言われるような存在になれれば良いなち思ってます。そんな観ている人が元気になるような役者になりたいち姿勢、泥臭いけど熱い思いはずっと持っているので、福岡の皆さん、これからも応援よろしくお願いします!」

 

松井 望(まつい のぞみ)

舞台、映画などで活躍する福岡出身の俳優。32歳。趣味はゲームと読書。特技は占いとボウリング。

http://g-starpro.jp


PR
2017.11.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする

フライング・ポストマン・プレス HOME

fppshop
FPP×AFRO FUKUOKA