エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス 福岡版

2016/12/22

牙狼<GARO>シリーズ最新作「絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD-」放送決定!

IMG_9712 

取材協力:ANDROID(福岡市博多区上川端11-1新川端ビルB1F)

 

孤独な宿命を背負った魔戒騎士・涼邑零/銀牙騎士・ゼロ(藤田玲)が帰ってくる!新たな戦いに挑む姿を描き出すファン待望の最新作「絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD-」。大好評を博した前作「絶狼<ZERO>-BLACK BLOOD-」からさらにスケールアップした世界観と物語、そしてストイックかつスタイリッシュなアクションで再び魅了する。シリーズの生みの親であり、今作でも原作・総監督を務める特撮界の名匠、雨宮慶太氏、そして前作に続き主人公・涼邑零を演じた藤田玲が来福。シリーズ初の長期地方ロケとなった北九州を舞台とした今作の見どころ、撮影秘話に迫った。

 

 

……地上波初登場となる絶狼<ZERO>シリーズですが、どんな思いで臨まれましたか?

藤田「前作の“絶狼<ZERO>-BLACK BLOOD-”を経て、今回の“絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD-”に臨んだ訳ですが、台本を読んだ時に、さらに壮大になっている気がしました。普段、涼邑零がどんなところで生きているのかを、すごく掘り下げられた作品です。だからこそ、より気持ちを込めて臨まないといけないなと。牙狼<GARO>シリーズも十数年の歴史があって、僕自身もファーストシーズンの無我夢中な感じを取り戻したい思いで挑みました」

 

……これまでの牙狼<GARO>シリーズとの違いは?

雨宮「絶狼<ZERO>シリーズは今回で2作目ですが、僕がちゃんとやるのは、実は今回が初めてなので、今までのものから何かを変えるというよりは、ゼロから骨格を作り上げていく感じで。だから全く“新しい作品”と言えますね」

 

……お芝居経験のない青島心さんをヒロイン役に抜擢した理由は?

雨宮「キャリアや技術ももちろん大事ですが、こういった作品ってまずそのキャラクターにハマるかどうかが生命線で。尋海アリスは、涼邑零にとって重要な少女としての佇まいになるかどうかが一番大切なんです。青島心はそのキャラクターの佇まいになっていたので、そこから彼女を探っていく形で進めました」

藤田「すごく純粋ですよね。初めての経験でお芝居のノウハウがないから、監督に言われたことを必死にやろうとしている姿勢を感じました。僕も、どうすれば彼女のテンションが上がって映るのか、どうやれば楽しく笑えるのかを考えて、一緒に話し合いながら作り上げていきました」

 

……北九州ロケで印象に残っていることは?

雨宮「街並みや空気感から北九州をロケ地に選びましたけど、今回ドローン撮影を多用しているので、都内だと実現が難しいカットを撮ったりすることができました。あと純粋にこちらでの撮影は楽しかったですね。そういった初心に戻れる感覚が北九州にはありました」

藤田「これまでのシリーズだと和を意識した神社とかの撮影が多かったけど、北九州で撮影できたことで、石畳や煉瓦造りの西洋風のシーンが撮れたことがすごく新鮮でした」

 

……これまでにドローンを使って撮影したことは?

雨宮「使ってはいますけど、荒野とか人がいない場所でのシーンが多かったんです。でも今回は街中でドローンを使えたことで、非常に贅沢な画が撮れていると思います」

藤田「人が多いところで使うことができたので、日本のドラマにはないような壮大さがありますね」

 

……これまで牙狼<GARO>シリーズでの“黄金騎士ガロ”は複数の人物が演じてきている中で、絶狼<ZERO>シリーズでは変わっていない理由は何かありますか?

雨宮「絶狼<ZERO>は、魔戒騎士の物語ではあるけど、「こんな切り口もあるんだ」という変化球で表現するのに適したキャラクターなんですね。意外と彼を中心としたストーリーも少ないので、絶狼<ZERO>シリーズを描く上でまだまだ伸び代があると思います」

 

……俳優としてひとりのキャラクターを長くやり続けることについての思いは?

藤田「まぁ普通はないですからね。同じ作品で同じ役をやり続けていると、自分は歳を取っていくけど、その役は歳を取らないじゃないですか。でも絶狼<ZERO>は一緒に成長していけるのが、ありがたいです。僕が歳を取るに連れ、涼邑零も歳を重ねていくので、その成長した要素を含めて演じ方も(自分の成長によって)変えられるから、すごくやりがいがありました」

 

……撮影の中で苦労されたことは?

藤田「やはり牙狼<GARO>シリーズならではのアクションですね。特に涼邑零ってあまり特殊な場所で闘ったことがなかったのですが、今回は色んなところでの闘いがあるので、アクション監督の大橋監督やエデル役の弓削さんと話し合いながら、例えば「この一手はどんな気持ちの一手なのか」という細かいところまで詰めてやっていくのは大変でした。でも大変だからこそ、今まで以上に楽しかったです」

雨宮「流れがあって、台本があって、セリフがあって、撮れば良いんだけど、果たしてそれで良いのかどうか、いつも以上に疑ってあえてブレた作品でした。演出の答えって実はあまりないんですよ。だから今回は、そのブレも現場に取り入れて、スタッフや役者と共有する。具体的には2種類撮ったり、同じ日に違う芝居を撮ったりして、後でどっちを使うか決めるような。でも現場でふたつ撮っていくのは倍の時間がかかるし、場合によってはライティングやカメラも変わることなので、そこに持っていくまでが大変でした。普通、現場でそんなことをすると揺らぎとか、不安感が流れるのですが、12年もの歳月を積み重ねてきたスタッフとの信頼関係があるからこそ、築けたものだと思います。でも、こういった作り方をしたのは初めてですね」

 

……そういった意味で監督のこだわりが詰め込まれた作品になりましたね。

雨宮「この仕事っていわゆる娯楽なので、有っても無くても良い仕事だと思うんです。でもそういう仕事をどんな思いで臨むかを今回はすごく考えました。2011年の震災の時に牙狼<GARO>の撮影が中断して、半年経って再開した時も同じような思いだったんです。今回も北九州で2回ロケして、1回目の撮影後に熊本で震災があり、2回目の撮影をどうするかを話し合っている時に、北九州で始まった話なので、そこで撮り切ろうという皆の思いで臨んだからこそ、そういったブレが出しやすかったのかもしれないです」

藤田「北九州の方々に支えられて撮れた作品ですね。絶狼<ZERO>のために、フィルムコミッションや地元の方々が、本当に街ぐるみで応援とサポートをしてくださったので、震災があった時はすごく心配しました。でも戻って撮ることにはまったく迷いもなかったし、こういう時だからこそ、北九州で撮る意味があると思いました」

 

……そんな北九州、そして九州のファンへメッセージをお願いします。

藤田「これまで描かれてきた涼邑零が、まだ終わっていない彼の人生の中で、すごく影響を与えたシリーズになると思います。ひとりの魔戒騎士がどんな人と出会い、どういう苦悩を乗り越えていくのかを観てほしいです。そしてスケールの大きい、映像美も素晴らしい北九州もふんだんに含まれた作品に仕上がっていますので、特に九州の皆さんは絶対に楽しんでいただけると思います!」

雨宮「これまでの牙狼<GARO>シリーズをまったく観たことなくても、第1話から楽しめるような作りにしているので、ぜひ初めての人にも観てもらいたいです」

 

 

「絶狼<ZERO> -DRAGON BLOOD-」

原作・総監督:雨宮慶太 脚本:梅田寿美子

出演:藤田玲、青島心、松山メアリ、芳賀優里亜、紅蘭、ガダルカナル・タカ、弓削智久

※1/7(土)深夜1時55分よりTVQ九州放送にてオンエアスタート

http://garo-project.jp/ZERO_DRAGONBLOOD/index.html


PR
2017.3.20号
monthly cover artist
デジタルブックを立ち読みする

フライング・ポストマン・プレス HOME

fppshop
FPP×AFRO FUKUOKA