福岡を舞台に売り手市場の今、企業採用担当の奮闘を描く就活エンターテイメント

2020.2.21

「 就 活 」をテーマに作品を描く「#観る就活プロジェクト」第 2 弾『新卒ポモドーロ』。メガホンをとる井上博貴監督の地元・福岡を舞台にベンチャー企業の採用側の視点からリアルに描くお仕事エンタメ映画。ダブル主演に渋江譲二、大野いとを迎え、人材確保で会社の立て直しを目指し、果敢に挑戦してく新卒採用バディムービー!
※「ポモドーロ」とは、イタリアではトマトのことで、“黄金の果実”という意味。

注目の若手俳優と味のあるベテラン陣の融合

「アンナチュラル」、「ブラックペアン」など数多くのドラマで活躍する渋江譲二が、傲慢だがふとした気遣いと面倒見の良さを垣間見せるワンマン社長・北村創次を熱演。新米採用リーダーとして戸惑いながらも前進していく川島美沙役を「同期のサクラ」など、人気作に出演している福岡出身の大野いとが等身大で演じあげる。その他、水石亜飛夢、櫻井圭佑、松田るから人気若手俳優が個性溢れる就活生を演じ、隈部洋平、斎藤秀翼、田中康寛などの実力派のベテラン陣が企業の厳しさを深みのある演技で醸し出す。さらに友情出演のカジサック&ヤスタケコンビが物語に花を添える。

STORY

新興勢力が軒を連ねるテックシティ・福岡で急成長しているベンチャー企業、アイセンス。だが、ある日、社長の北村創次の強引なやり方についていけなくなった社員たちが集団退職し、競合となるGIファクトリーを設立する。1年後、GIファクトリーに案件をいくつも奪われ、アイセンスは危機的状況に陥る。北村は社運を賭け、中途採用から一転、会社初となる新卒採用に乗り出す。そのプロジェクト・リーダーに大抜擢されたのは、大学時代に学んだ社会心理学を活 かし、高い営業成績をあげている若手社員の川島美沙だったが…。

point of view

売り手市場の就活前線。優秀な人材は次々と大手企業に採用 されていく中、勢いのあるベンチャーといえど、成長途中の中 小企業にとって新卒者の確保は至難の技。そんな企業側の角度から“就活あるある”を交えた悲喜劇は、就活を経験した人、これから経験する人はもちろん、企業の第一線で活躍しているすべての人も必見。就活生の気持ちを探り、時に戦略的に、時に本気で向き合っていく新米リーダー川島の奮闘と挫折は、企業人事のリアルな共感があり、ワンマン&ドSだけど人情味 のある社長の北村とのバディ感も相まって、幾重にも広がっていく味わい深い人間ドラマに仕上がっている。理想の人、すなわち新卒者と出会い、その意中の人を振り向かせるためにはどうすればいいか?というある種の恋愛模様と重なる見方ができるのも本作の面白さだ。また、福岡を舞台に全編博多弁で描くことで、一切構えることなくスムーズに物語に入り込めるのも魅力。新卒採用をテーマに描く本作は、人と人がひとつに繋がる“高まり”と“熱気”を感じられる新感覚の極上エンターテイメントと言えよう。

『新卒ポモドーロ』’20年/日/111分

監督・脚本・編集
井上博貴
出演
渋江譲二、大野いと/水石亜飛夢、櫻井圭佑、松田るか、隈部洋平、斉藤秀翼、田中康寛、他

※2/28(金)よりユナイテッド・シネマ福岡ももち、ユナイテッド・シネマなかま16、小倉コロナシネマワールド、他にて全国順次公開
https://miru-shukatsu.jp/shinsotsu-pomodoro/

©2020 映画「新卒ポモドーロ」製作委員会

FLYING POSTMAN PRESS HOME