エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

今年2月に自主レーベル「Silver Sun Records」を設立したNothing's Carved In Stone。結成10周年を迎えた2018年に初の日本武道館公演を開催しソールドアウトさせた彼らが、10thアルバム『By Your Side』を発表。“君の側にいる” ――そんな温かでやさしいタイトルが掲げられた作品に込められているのは、Nothing'sの音楽や存在に勇気付けられてきたすべてのリスナーに向けた、今を生き抜くための力強い音とメッセージだ。

武道館を終えて感じたさまざまな想いが
『By Your Side』という形になった

——自主レーベル「Silver Sun Records」からリリースされる10thアルバム『By Your Side』。あたたかさややさしさを感じるタイトルですが、ここにはファンへ向けた想いが込められているんでしょうか?
村松拓(Vo.&G.)「それぞれ自由に解釈してもらっていいんですけど、やっぱりアルバムは聴いてもらうことで完成していくものだと思っていて。特に今回は、悩んだりつまずきそうになった時、ちょっと背中を押せるような言葉とかをメッセージとして詰め込んだつもりだったので、そういう気持ちもあります」
——このタイミングでそういう想いを込めたいと思われたのはなぜでしょう?
村松「……何でだろう(笑)。でも『Beginning』の歌詞を書いた時から、自分たちのダイアリー的なものにするのではなく、聴いてくれたリスナーが、それぞれの生活の中で前向きな気持ちになれるものであって欲しい、タイトルからもこのアルバムはそのためにあるってことをわかって欲しいという想いがあったんです」
生形真一(G.)「去年活動10周年を迎えて、一時期メジャーでもやってたけど、俺らはほぼインディーズで自分たちでいろいろやってきて。いわゆるコマーシャルなところとはかけ離れたバンドだと俺は思ってます。そういうバンドが去年初めて武道館でライブができたり、完売したことが俺たちの自信になっていて。それと同時に、メンバー全員がファンやスタッフや関係者の方たちに感謝してると思うんです。自分たちだけの力じゃ絶対にできなかったことですからね。そういう想いが4人全員にあるから、このタイミングで『By Your Side』という形になったと思うんです」
——ああ、すごく腑に落ちました。
村松「やっぱり武道館は大きかったと思いますね。ファンもスタッフも含めて仲間がこんなにたくさんいてくれる……若い頃、好きな音楽が一緒だったら仲良くなれたみたいに、俺たちの音楽を好きだという、不思議な繋がりのある人たちがいっぱいいてくれることにすごく勇気付けられたし、その人たちに何かできるなら何でもしたいという気持ちになった。そういう人たちにただ感情を吐露して終わりじゃ寂しいと思うし、せめて俺たちが時間をかけて作ったものが、いろんな想いを寄せて聴いてくれる人たちのためになったらいいなっていう気持ちがやっぱりあるんですよね。今回はそういうアルバムになって欲しいっていう想いが明確にあった気がします」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。