エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「Eve」

生まれてくる楽曲が、
一番いい形で人に伝わることだけを考えてる

初回限定盤のDVDには『アウトサイダー』『トーキョーゲットー』『アンビバレント』『ラストダンス』のミュージックビデオ映像も収録されている。アニメーションを主体にした映像の世界観はライブでも大きな役割を果たし、Eveの表現の大きな核になっている。

「僕はEveという名前でやっていますが、実際にはたくさんの人が関わってくれているし、いろんな人を巻き込んで、ひとりの考えに収まらない作品が生まれた。特に僕の楽曲は映像がかなり大事だと思っています。より曲を色濃く深く掘ってくれるものなので。それはこれからも大事にしたいですね」

これらの制作も、MahやWabokuといったクリエイターとEveのアイデアのやり取りの中で、音楽と映像が互いに刺激を与え合いながら作られるようだ。

「バンドみたいな感じはありますね。音源のデモができあがったら、まずこの人に映像をお願いしたいと決め、オファーする。そこから最初にできあがってくる映像を見て、曲のアレンジや歌詞を変えたりすることもあります。そしたら今度はその曲を聴いて映像のイメージが変わっていく——。そのキャッチボールの中で、お互いに予想していなかったものができていくんです。それはすごくワクワクするし、楽しくやれているんです。ただそのキャッチボールは、どこかでちゃんと自分の血が通ってないと簡単に崩れてしまうものだと思うので、そこは大事にしながら、生まれてくる曲が一番いい形で人に伝わることだけを考えてやっていこうと思います」

スペシャルインタビュー「Eve」

きっと『おとぎ』というアルバムはたくさんの人に想像力の翼を授けるだろう。どこかに現実とは違う“もうひとつの世界”がある。そのことを信じさせてくれる力が、Eveの音楽の最大の魅力だ。

「僕が最初に好きになったバンドがBUMP OF CHICKENだったんです。昔から辛いことがあったり、不安になったりする時に音楽を聴いて自分自身を取り戻したり、励まされたり。また、現実から逃避したい時も音楽を聴いていました。ライブもそうで、ライブの瞬間は自分にとって非現実的な世界でした。だから、このアルバムもそういう一枚になればいいなと思っています。『おとぎ』というアルバムが誰かに寄り添って、その人の支えになってくれたらいいな。そして、その人が夢から醒めても、このアルバムで感じたことが、現実の生活の中で何かを起こすきっかけになればと思います」

スペシャルインタビュー「Eve」
Eve(イヴ)
Eve(イヴ)
2枚の自主制作アルバムを経て、’16年に初の全国流通盤をリリース。翌年、アルバム『文化』を発表。収録曲のMVは、YouTubeで軒並み1000万再生を突破。オリコンインディーズチャート1位、iTunes2位を記録し、大きな話題となる。2/6に待望のニューアルバム『おとぎ』を発売。
http://eveofficial.com
おとぎ
『おとぎ』
初回限定盤(CD+DVD)
¥2,500(税別)
TFCC-86664
通常盤(CD ONLY)
¥2,000(税別)
TFCC-86665

※2/6 on sale

スタッフクレジット
Interview & Writing by Tomonori Shiba

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。