エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「BiSH」

現代に生きる私たちにリンクする部分がたくさん
『stereo future』は、孤独に闘ってる人に聴いて欲しい

——チッチは今、歌うことがとても楽しんだろうなって感じます。
チッチ「はい。今、すっごく楽しいです。これまでの人生に寄り添って生きてきた音楽を生み出した人の曲をソロでカバーをさせていただいて、一緒に歌わせてもらうなんて。光栄だったし、こんなふうにできるのはBiSHがあるから。本当にいろんなことを考えたし、得るものも多かったです」
——モモちゃんはどうでしたか?
モモココグミカンパニー「う〜ん、やっぱり平等ではないなって思いました。“3人はソロでがんばってるけど、モモコは何してるの?”って思う人もいるだろうし。嫉妬がなかったって言うと嘘になるけど、例えば、アユニみたいにバンドを自分がやりたいのかって考えたらそうではなかった。だから逆に自分の道が見えた期間でもありましたね。3人が輝いていたからこそ、私は何がやりたいんだろうって。本をたくさん読んだり人と会ったり、インプットの時期でした」
——そして、今年最後のシングル『stereo future』がリリースされました。ダンスの振りも、特に最近“らしさ”みたいなものが出てきた気がします。
アイナ「うれしいです。昔はアイデアが湧いても体現するのが難しかったけど、『GiANT KiLLER』ぐらいから、メリーゴーランドやジェットコースターとか面白い表現ができた。『Life is Beautiful』時期に友だちが亡くなったんですが、お花畑に行ったと考えたら幸せな終わりにできると思い、アユニに花になってもらったり。でもここ最近忙しくて、私生活のインプットがなかったんです。でも、忙し過ぎて手が震えたら面白いかもというアイデアを今回入れたので、『stereo future』は、忙しかったからできた振り(笑)。もちろん気持ちは乗っけた上で。あと、これまでサビはみんながマネできることを優先してたけど、今回は圧倒的に難しいダンスで、マネをさせないということをテーマにしました」
——メンバーのスキルが上がってきたことも大きいのでは?
アイナ「今回はモモカンとリンリンに、これまでの走馬灯のような少し複雑なダンスをお願いしました。ふたりが踊ってる目を見たらすごく感動して。上手い、下手じゃなく、目で表現できるのが素晴らしくて。そこでも新しいBiSHを見せれたかなって思います」
——『stereo future』は、BiSHの力強い、ハードな一面が出た楽曲ですね。
アツコ「ずっと走り続けている私たちを表している歌詞だなって思いました。新しいことを始める時に向かう感じの強い言葉もありつつ、少し切ない気持ちもある疾走感のある曲」
——ゲーム『GOD EATER 3』のOPということで、壮大な世界観もある。
チッチ「『GOD EATER』の世界そのままなので、一見、まったく別の世界の曲に聴こえるんだけど、歌詞をよく聴いたら現代に生きる私たちにリンクする部分がたくさん。孤独に闘ってる人たちにぜひ聴いて欲しいです」

スペシャルインタビュー「BiSH」


PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。