エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「kenjifuruya」

About on Stage

「誰かに呼ばれ、演奏できる場があることは何より幸せなことだよね。そして板の上に立ち続けることは、バンドマンにとって大きなテーマ。自分の意思だけではどうにもならないことだから。お金を払ってもらって、誰かに求められステージに立つ。そこで求められてる以上のプレイをし、お金を払って良かったな、また観に行ってやってもいいなって感じてもらうのが最低限だといつも思ってる。それじゃないと次はないよね、シビアだけど。音楽家にとって大事なものは、音楽を産むこととライブをすること。そして、願わくば他の誰かを巻き込むこと。ちなみに初めて立ったステージは中3の時。オリジナルバンドで、下北沢のCLUB251でした。当時はなんにもわからず、フライングVのギターとベースのリミッターだけ持って行った(笑)」
PEDRO
降谷建志(ふるや けんじ)
1979年、東京都出身。1997年にDragon Ashのフロントマンとしてデビューし、ロックシーンを牽引する作品を数多くリリース。プロデュースや客演などで他アーティストの作品にも参加している他、近年は俳優としても活躍している。2015年、Dragon Ashの活動と並行する形でソロプロジェクトを始動した。
https://www.dragonash.co.jp/kenji/
『THE PENDULUM』
『THE PENDULUM』
生産限定盤A(CD+DVD+Tシャツ付)
¥5,980(税別)
VIZL-1468
生産限定盤B(CD+DVD)
¥3,800(税別)
VIZL-1453
通常盤(CD)
¥2,800(税別)
VICL-65062
※now on sale
スタッフクレジット
Photography by Rie Odawara
Interview & Writing by Shoichi Miyake

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。