エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

スペシャルインタビュー「GESUNOKIWAMIOTOME」

長く楽しめる、長く愛せる1枚
今作は特にサウンドが抜群に良い

——(笑)。課長さんは今回のアルバムいかがですか?
休日課長「長く楽しめる、長く愛せる1枚かな。改めて聴いて思ったんですけど、サウンドが抜群に良いな、と。録り音だったりシンセのサウンドだったり、他では聴いたことがないサウンドが入ってます。毎回いろんな実験をしているので、各々のアルバムに良さがあるんですけど、今回は特にサウンド面が良いですね」
——ちょっと話題は変わりますが、川谷さんは最近ドラマの劇伴をやったり、ジェニーハイに参加したりと表現の場がさらに増えていますね。
川谷「曲によって歌う人が違うけど、そこもそんなに深く考えていないんですよ。その現場に行って考え、劇伴をやっているうちにichikoroってバンドができたり。いろんな表現が自分の中でインプットになっていますね」
——生まれた曲をどこで使うかというのはその度に考えるんでしょうか?
川谷「基本は現場に行って作るんですけど、家で作ったりする時は途中で“こっちかな”というのはあります。でも、そっちでやってみたら違ったから変えようとかもたまにありますよ。indigo la EndでやらなかったものをDADARAYで使うこともあるし。ジェニーハイは、ジェニーハイ用に作りますね」
——ゲスに関してはどうですか?
川谷「ゲスこそ言葉が強いもの、というのがあるので。とは言え、たまに言葉がなかったりもしますから(笑)。その時の雰囲気なんですかね。でも大体いい感じになるので、そこまで深く考え過ぎなくてもいいかなって。そこがバンドの強さ。フワッとさせておいても、そこをメンバーが助けてくれて驚くようなものになる。そういう確信があるから、特に気張って考えようとかこの曲をこうしようとかはないんです」
——今作は新たに設立された自主レーベル<TACO RECORDS>からのリリースになります。どういった経緯で、自主レーベルを立ち上げたんでしょうか?
川谷「占いの人に“2018年は従来のやり方ではダメ、表現方法を変えた方がいい”と言われたんです。そこもざっくりしているんですけど、自分なりに考えた“表現方法を変える”ことのひとつが自主レーベルで 。その占い師の名前にちなんで、“タコ”にしようと思ってTACO RECORDSにしました。そんなもんなんですよ(笑)」
——(笑)。ツアータイトルも<ゲスなのか、タコなのか>。
川谷「それもノリです。ゲスっていつもツアータイトルでふざけているので」
休日課長「そういや、<ッアーーー!!!>ってのもあったね(笑)」
川谷「(笑)。本数いっぱい回ったから、途中からまったく変だと思わなくなってたけどね。そういう意味では、<ゲスなのか、タコなのか>ってまともなほうだと思います」
ほな・いこか「比較的ね(笑)」
川谷「基本的に僕がいつもタイトルを考えてるので、メンバーのみんなが考えたらどんなタイトルになるのか聞いてみたいですけどね」
——順番に受け持つとか…。
休日課長「それは嫌だなぁ(笑)」

スペシャルインタビュー「GESUNOKIWAMIOTOME」

GESUNOKIWAMIOTOME
ゲスの極み乙女。
’12年に結成。メンバーは川谷絵音(Vo.&G.)、休日課長(B.)、ちゃんMARI(Key.)、ほな・いこか(Dr.)。’14年にミニアルバム『みんなノーマル』でメジャーデビュー。高い演奏技術を駆使した曲展開と、ポップなメロディが特徴。9月からは全国ツアーがスタートする。
http://gesuotome.com
『好きなら問わない』
『好きなら問わない』
初回限定盤(CD+DVD)
¥4,500(税別)
WPZL-31488〜9
『好きなら問わない』
通常盤(CD ONLY)
¥3,000(税別)
WPCL-12913
※8/29 on sale
スタッフクレジット
Photography by Rie Odawada
Interview & Writing by Tomokazu Nishibiro

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。